FC2ブログ
Welcome to my blog

COLECCIÓN ROBERTO POLO 2

IMG_2991_2021040122151502b.jpg


美術館、博物館を見て回るのは好きなのですが、
ヨーロッパでは、まずその建物自体が壮大で荘厳だったり、
古い邸宅や、アーティストの住まいだったり、それだけで、楽しさ倍増ということも多く、

特にクエンカにある美術館は、旧市街は世界遺産なため外観をいじることはできないので、
内装をリフォームしつつ、でも、古い建物の良さを残し、屋内の空気を、屋外の旧市街の空気に
合わせている、ところが、好きなのです。

この教会も木張りの天井はオリジナルのままで圧迫感をなくすためにすべて白く塗っただけなのだそう。


IMG_2992_20210401221518d8e.jpg


ステンドガラスから光が入る礼拝堂と 作品群。


IMG_2989_20210401221515bd4.jpg


気になったコレクションをいくつか。。

Josef Hoffman作

ヨーゼフ・ホフマン(オーストリア人・1870年12月15日 - 1956年5月7日)
オーストリアの建築家、デザイナーで、ウィーン分離派の中心メンバーの一人。


IMG_2996.jpg


これもヨーゼフ・ホフマンの作品。


IMG_2998.jpg


そして 目がクギ付けになったのがこれ。。

ピカソの ドンキホーテとサンチョパンサ
これは、とても有名な絵。。 版画ではなくて、墨で書いた絵。

こんなものまであるとは、トレドのエクスポジションは、一体どんなものがあるのだろう?!


IMG_3001.jpg


絵及び椅子・テーブル、Koloman Moser作

コロマン・モーザー(オールトリア人・1868年3月30日-1918年10月18日)デザイナー。ウィーン分離派。

ヨーゼフ・ホフマンとコロマン・モーザーは二人ともオーストリア人で、ウィーン分離派のメンバー。 
ウィーン分離派とはクリムトを中心に結成された新進芸術家のグループのこと。

2018年の夏に滞在したウィーンで初めて触れた、ウィーン分離派の作品群。
初めて見た、クリムトやシーレ、そしてオットー・ワーグナーの建築物とエクスポジション。
滞在中に、少し調べて、作品を見て回ったのでした。
なので、今回は、オーストリア人アーティストに目がいってしまった。。


IMG_3002.jpg


そしてこの展示スペースの素晴らしいのは この 眺め。

収集家のロベルト・ポロ氏がクエンカの虜になるのも納得☆


IMG_3005.jpg


2階に上るとこの眺め。。


IMG_3006.jpg


IMG_3008.jpg


この色がついた部分はオリジナルのままなのだそう。
綺麗な教会だったんだろうなぁ。。


IMG_3009_20210401221527e53.jpg


1階にテーブルセットがあったその上のスペースからもクエンカの岩肌が見える。。

1年以上ぶりの 美術館見学。  やっぱり いいなぁぁ。。 

見学者が6人ぐらいしかいなかったから 安心してみることができたのもあるけれど
やっぱり クエンカの美術館は 良い☆ 

アーティストが集まるのがわかる気がする。(* ´ ▽ ` *)

ラマンチャ地方では今は美術館などは人数制限を設けているものの通常営業。
それでも、なかなか 入るのはためらってしまうけれど。。 

でも、気分転換になったのは確か。 

このエクスポジションは、まだいつまでやるかも決まっていないそうなので、、
また 平日にでも覗いてみようっと。


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

Comments 2

-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021/04/08 (Thu) 07:36 | EDIT | REPLY |   
asu
asu  
Re: タイトルなし

鍵コメさん
ヨーロッパで起きた芸術運動。スペインではマドリッドとバルセロナが中心でしたが、その芸術家たちがクエンカに移り住み、クエンカはスペイン現代芸術の拠点の一つになったです。きっと、気に入られると思います。私もご一緒させていただいて、いろいろ教えていただきたいです!! ^^ 

2021/04/08 (Thu) 22:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply