FC2ブログ
Welcome to my blog

トム・デ・ペイ・バスク

IMG_2824.jpg


TOMME DU PAYS BASQUE  トム・デ・ペイ・バスク

ヌーヴェル・アキテーヌ地方の羊と牛乳のチーズ
であり、フランスバスク地方のチーズでもある。

スペインとフランスにまたがる「バスク地方」。

このチーズは、ピリネオの山あいの、スペインの国境まで20kmほどのところにある町のもの。


IMG_2828.jpg


羊と牛乳のミックスのチーズ で 見た目も食べやすそう なのに
意外に匂いが強い。 というのが 第一印象。
でも それは最初だけで、食べ始めると、牛乳のチーズの甘みと、
熟成した香りが入り混じる、美味しいチーズに☆

フランスバスク と 呼ばれる地方は、車で途中下車したことがあります。
でもピリネオの山越えではなく、海岸線を走ったので、私たちが立ち寄ったのは
海側のバスク地方。

バスク地方特有の白い壁と赤などの木組みの家々が軒を連ね、
夏休みだったので、海水浴客と観光客でごったかえしていたっけ。。
(立ち寄ったのはサン=ジャン=ド=リュズ Saint-Jean-de-Luz)

バスクのお菓子を買って食べ歩きながら、少し散策して・・
本当は、バスク織の何かを買いたかったのだけれど、とにかく混んでいて、
ゆっくり見ることができず買えなかった・・のが 今も 心残り。。


バスク


赤い印がこのチーズの原産地。 真ん中の黒っぽい線が国境。
立ち寄ったのは、サン=ジャン=ド=リュズ (Saint-Jean-de-Luz)

そして立ち寄りたかったのに寄れなかったのが、ハモンが美味しいという バイヨンヌ。

バスク織とバイヨンヌのハムを求めて また 旅にでなくては。 ミ☆⌒ヽ(*゚ロ゚)ノ


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

Comments 2

Mchappykun2  

バイヨンヌは2回立ち寄りました。ここはチョコレート発祥の地でもあります。そのオリジナルのチョコレート屋さんが1軒まだあって、ショコラを飲んだりしました。チョコも買ってきましたが、素朴で美味しかったです。最初に訪れた時はちょうどランチどきで、バイヨンヌハムとガスパッチョを頼んだのでした。でも、チーズは知らなかった!

バスク地方はフランス側もスペイン側も魅力がいっぱいですね。

2021/04/11 (Sun) 18:12 | EDIT | REPLY |   
asu
asu  
Re: タイトルなし

Mchappykunさん
あ。。やっぱり。。バイヨンヌよかったですか??? 行きたかったんですよー 
チョコレート発祥の地なんですか!!それは知りませんでした!!! バイヨンヌハムはパリでは何回か食べました!が、やっぱり現地で食べたいですよね〜。 やっぱり、行かなくては!!!!

2021/04/11 (Sun) 19:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply