mis favoritos

ARTICLE PAGE

05 2018

アルカチョファス ア ラ プランチャ

IMG_2346.jpg

日曜は雪が積もりました・・
今週 クエンカは ー16度まで下がる・・とiPhoneが言っているけれど・・どうでしょう。。

⛄️ ⛄️ ⛄️

アルカチョファ alcachofa は アーティチョーク。

今が旬の野菜のひとつ。

スペインのアーティチョークはそんなに大きくなく、拳ぐらいの大きさ。
そして外の固い皮を3周ほど向いてしまうので、食べられる部分はそんなには大きくないのです。

この日は鉄板焼きに♪

薄めにスライスするやり方と、丸ごと広げて焼いてしまうやり方があって、
今日は丸ごとの方で・・

IMG_2337_2018013116314193d.jpg

(4つ分)+ + + + + + +

材料:アーティチョーク4個、レモン1個、小麦粉小さじ1、オリーブオイル、粗塩
手順:①アーティチョーク4つが浸けられる大きさのボールに水を入れ、レモン半分を絞り小麦粉を溶かしておく
   ②アーティチョークの茎を切り落とし、外皮を3・4周むき、そこの部分を綺麗に切り揃え、
    上の部分を1,5cmほど切り落とし①に30分ほど浸けておく
   ③鍋に水を沸騰させ、②を5分間茹で、ざるに取り、水気をよく切り、冷めたら手で広げる
   ④小さなお皿にオイルをそそぎ、そこに広げたアーティチョークの側面(両面)を浸し、
    鉄板(フライパン)に押し付けるように両面を焼き、粗塩とレモンを絞って食べる

+ + + + + + + + + + + +

茹で過ぎると崩れてしまうので要注意、でも火を通すことが大事。
手で広げるときは思い切って、なるべく薄くなるように・・
そして、押しながら焼く。(↑ 少し焦げてしまったけれど・・焦げないように。)

アーティチョークは、歯でしごきながら食べる・・という 印象を持っている人が多いですが
スペインでは、そういう料理もあるけれど(オーブン焼きなど)、大概は、
固い皮は取ってあるので、ナイフで切って、全部食べてしまいます。

アーティチョーク、空豆、グリーンピースを 毎週順繰りに食べるという
スペインの冬。

また今週も買ってこなきゃ ^_-

+ + + + + + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

2 Comments

Mchappykun2  

アメリカのはベビーアーティチョークでも皮は結構固いです。写真を見ても、こちらのとは違って柔らかそうなのがわかります。
アーティチョーク、つくづく面白い野菜だと思います。

2018/02/05 (Mon) 21:23 | EDIT | REPLY |   

asu  

Re: タイトルなし

Mchappykunさん
こちらのアーティチョークは3・4周むいて上を2cmほどカットしてしまうと全部食べることができます。
炒め物、米料理、焼いたり、と、冬には欠かせない野菜のひとつです。
きっといろいろな種類があるんでしょうね〜〜

2018/02/06 (Tue) 08:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment