FC2ブログ

mis favoritos

Welcome to my blog

Archive2019年05月 1/2

Fundación Antonio Pérez 3

2次大戦後、世界の各地で生まれた芸術運動。その芸術家達が集まったクエンカ。アントニオ・ペレス氏も、その時代の芸術家。(今もご健在)この美術館にもクエンカに集まった芸術家の作品のコレクションが展示されています。ピレネー山脈の麓の街・ウエスカ出身で、クエンカに移り住み、クエンカで生涯を終えたアントニオ・サウラの作品はどのフロアーにも展示されていて、そして、アントニオ・ペレス氏と共同で作った画集や本など...

  •  2
  •  0

Fundación Antonio Pérez 2

アントニオ・ペレス氏は アーティスト。彼の作品も好きですが、この美術館の彼のテーマである、objectos encontrados   直訳だと・・ 「見つけたもの」。。 というのを探しながら歩くのが好きです。小さなものを並べてあるだけなのに、あー これ 懐かしい! とかあー これ 笑える・・とか  茶目っ気たっぷりで その感覚というか感性が 好きなのです。廃材などを使った、まさに、「見つけたもの」・・ も 彼の作品...

  •  2
  •  0

Fundación Antonio Pérez 1

旧市街にある Fundación Antonio Pérez アントニオ・ペレス美術館は一番好きな美術館。アントニオ・ペレス氏とは、何度かバルやレストランで遭遇し、勿論私のことは知らないけれど、気さくに話しかけてくれ、その話はとても興味深く、その人柄と、このユーモアたっぷりの美術館が ぴったりマッチしている というのも この美術館が好きな理由。。アントニオ・ペレス氏は、アーティストで、アートコレクター。ここには彼の作品...

  •  2
  •  0

チルラしぐれ煮

日本にいる時は佃煮には特に興味はなかったのだけれど今はお土産にもらうと嬉しいもののひとつ。甘辛い佃煮は 和食の原点というか 慣れ親しんだ味だからなのかな。アサリのしぐれ煮、ならぬ、チルラのしぐれ煮を作りました。チルラはアサリよりも小さめの貝。昨日半分を酒蒸しにしたのだけれど、殻は立派なのに、身が小さくて食べ甲斐がなく残りは佃煮にしてしまったわけです。砂抜きした貝を酒蒸しにし、ザルに漉して、汁は残し...

  •  2
  •  0

チルラのアヒージョ

北海道で39度をマークしたとか・・ (゚△゚;ノ)ノクエンカはほどよい陽気ですが、アンダルシアでは気温が上がり、昨日の 国王杯(バルサvsバレンシア)でも、夜9時開始にもかかわらず気温が30度ほどあって、今年から導入された、水分補給タイム(途中で中断して選手達が水分補給する)がとられていました((((;゚Д゚)))))))☀︎ ☀︎ ☀︎この貝は、チルラス、という名前の貝。小さめで形はしじみに似ていて、もう少し大きいけれど、でも味...

  •  4
  •  0

バレンシア優勝おめでとう!

急用で義祖母の実家のあるバレンシアの村へ。。以前は義祖母と一緒に毎年里帰り?!していたのに彼女が亡くなってからは、なんとなく 足が遠ざかってしまっていたのです・・久々の再会だったけれど 何もかわらないのは やっぱり血が繋がった親戚だからなのかな・・バレンシアの美味しいボカデージョに皆でかぶりつきました。私は小さなイカのグリルとアリオリのボカディージョを。楽しいことも・・悲しいことも・・分かち合える...

  •  0
  •  0

鶏ハム

気温が上がったと思ったらまた肌寒くなったり、そしてまた少し上がったり・・そうだ、暑くなる前に、コシドを作らなくては!と 材料を買いに。コシドは肉と野菜(ジャガイモ・人参・大根・ひよこ豆・ポロ葱・セロリ)をことこと煮込み、スープと、具を別々に食べるスペインの家庭料理。でも、これは暑くなったら作らない、食べない料理。スープを多めに作って冷凍したり、そして具をほぐしてベチャメルソースとあえてコロッケにし...

  •  2
  •  0

世界遺産の街の家

旧市街の大通りは 車が通るのでいつも徒歩は避けてしまうのだけれどカラフルな家々が連なる、最もクエンカらしい通りのひとつ。世界遺産に指定されているので、このカラフルな家々は、内装以外は、全て、建物自体も、窓やドアのサイズも、色も、変えることはできない、のです。でも 一体誰がこんな色にし始めたんだろう?よく海辺の街では、漁師たちが自分の家がわかるように色を塗った、というのを聞くけれど・・山あいの街クエ...

  •  0
  •  0

フカル川沿いの遊歩道

新市街で用事を済ませ、そのまま少し散歩・・サン・アントン橋からフカル川と旧市街を望むこの景色が好きなんです。川の両側に遊歩道があって、両方とも眺めがとてもいいのです。この日は、旧市街の崖側の遊歩道を・・何か釣れるのか・・釣りをしているセニョールたちが数人・・崖ぎりぎりに立っている家々・・森の中を歩いているような そんな 風景・・湧き水も遊歩道をもっと行こうかと思ったのだけれど、高校生ぐらいのグルー...

  •  0
  •  0

エビと豆腐のうま煮

なんか・・寒い・・ ウォーキングしていても 寒いのでショートカットをして帰ってきてしまった・・あったかいご飯食べよ〜〜♪エビとグリーンピースと豆腐の塩味のうま煮を。 美味しい〜 幸せ〜〜 +゚。*(*´∀`*)*。゚+・・・作り方メモ・・・①エビとグリーンピースを少なめの水で茹で(茹で汁はとっておく) エビとグリーンピースに片栗粉をあえておく。②フライパンにオイルを熱しニンニクと生姜とネギの微塵切りを炒め始め、そ...

  •  2
  •  0

エビのアヒージョのせマッシュルーム

champi con gambas al ajillo チャンピ コン ガンバス アル アヒージョチャンピは チャンピニョン champiñon  マッシュルームのこと。これを初めて食べたのは、確か、ワインの産地リオハのログローニョで。ログローニョは勿論ワインの街で、バルがひしめき合う通りにはカニャ(グラスビール)ではなくて、小さなグラスに入った赤ワインを飲む人たちで溢れていた。。そして、目に付いたのが、焼いたマッシュルームにエビが...

  •  4
  •  0

Fernando Zóbelの家

最近、週末だけでなく平日でもツーリストでいっぱいのクエンカ。特に週末はすごい。だから、旧市街へ入る車は、住人(許可書所有)か宿泊者(駐車場使用)以外は30分間しか旧市街に滞在できないことになってしまった。ちゃんとカメラでチェックしていて入り口・出口で写真を撮られるのです。そして週末はそれでも混むので、交通整理の警官が旧市街の入り口に立ち、車の入場制限をすることもあったり。。観光収入で生きている街だか...

  •  2
  •  0

食パン

最近歯の治療をはじめたんだー と 古い友人にメールすると私もやらなきゃいけないんだー と 返事がきた。なんか・・いいなぁ・・こういうのって・・と思う。 (* ´ ▽ ` *)しかも状況が似ているのも笑える。。同じ年だけ使ってきた歯だもんね。 歯に優しい、食パンを焼きました。でも、ちょっと焼きすぎてしまって、耳が硬くなってしまった・・(意味なし・・)食パン用の型がないので、平べったい食パンになってしまうのだけ...

  •  4
  •  0

生姜

寒くて歩けないわ・・ と中断していたウォーキング・・(´∀`*;)ゞ春を通り越して夏日になってしまった今週・・ウォーキング復活☆ みんな短パン・ランニング(タンクトップと言うのかしら?)姿。でも、今日からまた20度以下でちょっと肌寒くなってしまっった・・私の歩くコースの麦畑。風になびく麦を見つめながら歩いています。ウォーキングの帰り道、いつもの八百屋に寄って、生姜を買う。スーパーではとても大きなものしか売...

  •  2
  •  0

マンガナ塔

金貨を掘りにマンガナ塔へ・・ ( ´,_ゝ`)2009年に金貨が見つかった!と言うニュースを聞いたときは、クエンカ中が、それはそれは、やられたー!! という 感じでした。ぅ(@゚Д゚)@。Д。)そ~~~~ッ!!!!!!だって、中断していた工事現場は、簡単に侵入できたし、もう、何年もそんな感じだったし。。それからも、発掘現場に大した動きはなく、(もう空っぽだと言う噂も流れ・・)気がついたら、こんなになっていました。。 あの金貨...

  •  0
  •  0

Museo de Cuenca 2

続き・・スペインの歴史・・ ローマ時代終盤、ゲルマン人の大移動が始まり、西ゴード族がイベリア半島へ・・そう言えば、世界史選択だったような・・ でも覚えてないな・・┐(´-`)┌711年西ゴード王国滅亡、そしてイスラム帝国の支配が始まる・・バレリアの遺跡から出土した、イスラム時代の硬貨クエンカの旧市街にあるマンガナ塔で出土したイスラム時代の柱。これがマンガナ塔。掘ったら、遺跡が出てきた・・と言うので、発掘作...

  •  2
  •  0

Museo de Cuenca 1

久しぶりに旧市街にある Museo de Cuencaへ。Museo de Cuencaは、クエンカ郊外にあるローマ遺跡の発掘物をまとめて展示しています。ローマ時代、クエンカ県はスペインの中でも重要な拠点だったのです。そんなに大きくない博物館で、1階にはローマ時代以前の、鉄器時代などのものが展示されています。クエンカの各地で発掘された鉄器時代の硬貨も。そしてローマ時代へ・・・なぜクエンカ県が重要だったのか? の 答えの一つが、...

  •  2
  •  0

バカリャウ ア ブラス

本当は塩鱈を使うのですが、鱈を半匹買った時にもらって帰ってきた頭や骨についていた身を使って1品・・バカリャウ ア ブラス Bacalhau a Braz は ポルトガル料理。バカリャウ は バカラオ 鱈 のこと。スペイン料理でも同じような料理はありますが、今日はポルトガル風で。(大皿1皿分)+ + + + +材料:鱈(1切れ分)、ジャガイモ大1個、玉葱半個、ニンニク1片、生卵1個、オリーブ、   パクチー、塩胡椒、オリーブオイ...

  •  2
  •  0

鯖棒寿司

とても新鮮な鯖を買ってきたら、大きな卵がついていた。。卵がついていると、いつも、ちょっと罪悪感を感じてしまう。。私が食べなければ・・と。。でも、だから、丁寧に調理しようと、美味しくいただこうと、改めて思ったりも。形の良い鯖だったので、寿司飯をつくって、シメサバの棒寿司を作ることに。巻き簀でぎゅぎゅっと巻いて冷蔵庫で休ませてからカット。なんだか今日はとても美味しくできて嬉しいな♪♪🎾 ⚽️ 🎾 ⚽️強いなー...

  •  2
  •  0

ベルドゥーラス ア ラ プランチャ

verduras a la plancha 野菜の鉄板焼き・・というより 野菜のグリルと言うのかしら。季節の野菜のグリルはレストランでも定番メニュー。特に、アサドールという肉を薪・炭で焼くレストランでは、野菜のグリルがとても美味しい☆我が家では、普通に、グリルパンで焼くだけ。。水分が程よく野菜に残るように、グリルパンより小さな蓋で押しながら、水分を逃がしながら、途中で裏返して、最後に粗塩をパラっとふりかけて出来上がり。...

  •  2
  •  0