FC2ブログ

mis favoritos

Welcome to my blog

Archive2017年11月 1/2

カラマレス レジェノス

イカが特売。。イカ料理にしよう。でも ちょっと小さいかなぁ・・ ちびっこいレジェノにしよう。 Calamar relleno  カラマル レジェノカラマル は イカ。レジェノ relleno は 詰め物のこと。 詰めたもののこと。クッションの中身も レジェノ。 こういう食べ物の詰め物も レジェノ。白身魚やエビを一緒に詰めるレシピもあるけれど 我が家はイカと野菜とパン粉。ソースがとても美味しい☆ と 我が家の人気レシピ ^^...

  •  2
  •  0

村のナイフ屋さん

夏前から、ずっと降っていなかった雨がやっと降りました。でも、ほんのり 濡れる程度。。 それでも 降ってよかった・・☂ ☂ ☂小学校の時に、買わされた?裁縫セット。もうケースはないけれど、まだ、マチ針や、裁ち鋏や、こまごましたものは使っています。 そう スペインにまで持ってきてしまった☆裁ち鋏は、落としたら、先が欠けてしまったのだけれど、、小学校から使っていると思うと捨てられず・・切れるからと 使い続け...

  •  4
  •  0

ラマンチャの白ワイン

大きなスーパーのワインコーナーには、赤ワインのみの通路と、白&ロゼワインの通路があって何か気になるものは ないかなぁ〜〜と 通りを行ったり来たりするのは なかなか面白い。 ^_^この日はこれを。絵がとても綺麗なので思わず手に取ってしまった。。上の部分にまで絵が描いてある。鳥と トケイソウ。。トケイソウは好きな花の1つ。ご近所さんの庭のフェンス一面にトケイソウが咲く時期があってなんて不思議な花なんだろう...

  •  4
  •  0

ガチャス マンチェガス

ガチャス Gachas は ラマンチャの郷土料理のひとつ。ラマンチャに広がる広大な葡萄畑で、または、羊の群れを連れて山を渡り歩くパストール達が、そこで火を起こし、鍋1つで作り、皆でつつきあって食べる、そういう料理。普通は2人分・・は作らないのですが、、久々にガチャスを、作ってみました。これが ↑、出来上がりの図。ガチャスは、almortas アルモルタス という豆を挽いた粉を使います。このアルモルタスはラマンチャ...

  •  2
  •  0

サボテン

今年は サボテン ブーム。 🌵 (世間的にインテリア部門において)植物のサボテンから、クラフトのサボテンまで。我が家にも小さな生きているサボテンと、その横に、古着で作ったサボテンが。。街で見かけて、真似して作ってみたら、意外に気に入ってしまった。 ^^土の代わりに、ちょっと上げ底をしてから、ワインのコルクを切ったものを入れたら いい感じに☆1年に1度、手芸(というほどではないけれど)に凝ってしまう時期が...

  •  2
  •  0

田舎町のBlack Friday

最近スペインでもやっているBlack Friday。なんでもスペイン語に変換させてしまうスペイン人文化だけれどもこれはそのまま、Black Friday なよう。 でも、ここは田舎・・ Black Friday なんて 誰も知らないでしょう。 とでも、何かあるかなぁと、散歩がてらショッピングモールへ行ってみると・・開店すぐで、駐車場が埋まりつつある。。 いやー 偶然でしょう。 金曜日だし。 と 中へ・・H&M(スペイン語では、アチェ ...

  •  2
  •  0

ペルディガチョ

先日 日帰りで行ったシグエンサで食べた カナペ、ペルディガチョ perdigacho。ペルディガチョはラマンチャ地方のグアダラハラ県で食べられているカナペでトマトとアンチョビだけなら、どこでもありそうだけれども、ペルディガチョは、ニンニク風味なのが特徴。パンにニンニクを刷り込むか、マヨネーズにニンニクが入ったアリオリを使う。。これが、とっても美味しい☆(カナペ1個)+ + + + + +材料:アンチョビ2フィレ、トマトの...

  •  2
  •  0

漬け丼とアサリのお吸い物

最近、私の徒歩圏内で 鮪が買えるようになったので、そのスーパーへ行くときは、必ず、鮪コーナーに立ち寄るのが習慣に。。こちらでは、鮪は、切り身になっているのではなくて、20cmぐらいの大きな塊が並べられ例えば、250gぐらい、と 言うと、そのぐらいになるようにスライスしてくれ・・重さを測って、値段のシールが貼られて手渡される、という 流れ。日本のように、毎日仕入れている。 とは 思えないので・・いつも、鮪を...

  •  2
  •  0

パン デ イゴ

日中の気温が17度前後という・・暖かい、いや、寒くない日が続いています。週末に通った、貯水湖は、干からびて(一部)、人が歩けるほど・・国内のとある貯水湖では、渇水で、沈んでいた? ローマ時代の橋が出てきたところも・・(°_°)オドロキ☀︎ ☀︎ ☀︎こんな陽気なのに・・ もうすっかり クリスマスのお菓子が並んでいます トゥロンやマンテカドなどのスペイン伝統のお菓子以外にも、クリスマスが近づくと店頭に並ぶのが、...

  •  0
  •  0

Sigüenza 3

シグエンサに近づくと、まず目に飛び込んでくる、丘の上の古城。ラマンチャ地方には、そこらじゅうにこういう古城があるけれど、こんなに綺麗に残っているものはそんなに多くない。シグエンサ城は、12世紀のイスラムの古城。本物だ。^^現在はパラドール。部屋からの眺めが良さそう。城をあとにし、また(レストランを探しながら)ブラブラ。。あ また 教会だ。。 古い教会が多いな。。カテドラルが見えてきた・・テラス席に陽が...

  •  4
  •  0

Sigüenza 2

続き・・シグエンサのカテドラルは正面もいいけれど、この横からの眺めがとても良い。色が、良いんだろうな。。カテドラルのあるマヨール広場からまっすぐのびる坂道を登る。交差する細い通りを見ると小さなアーチが。PUERTA DE SOL 太陽門。14世紀のもの。外へ出ると、太陽が眩しい。この街は城壁に囲まれているのです。城壁を利用して家を造りそこへ今も人が住んでいます。城壁の下には、きっと、かつては川がながれていたんだ...

  •  2
  •  0

Sigüenza 1

週末は、日帰りで、シグエンサ Sigüenza という街まで。。シグエンサは、ラマンチャ地方のグアダラハラ県にある、大きくて立派なカテドラルと、古い街並み、そして古城跡のある街。マドリッドから中世の衣装を着て、列車に乗って、この街へ来る・・というツアーもあるのだとか・・ ^^昔、一度立ち寄ったことがあったのだけれど、時間がなくゆっくりまわれなかったので今回はもう少し時間をかけて。市役所のあるマヨール広場。こ...

  •  2
  •  0

本日のアペリティボ

昼間は暖かい日差しが差し込み、ポカポカして気持ちいい。。ここ数年、ワインから遠ざかっていたのですが(ブログでは登場していますが)最近、ちょっとだけ、またワインを楽しめるようになってきました。週末に、ほんの、少しだけ。楽しむことが 大切 ^_-大好きなチーズをちょっと厚めにカットして・・カラフルな干し葡萄を散らす。小さなグラスは、今も現行品が売っている、DULAREX。でもこれらは、義祖母から、もらったもの。...

  •  2
  •  0

ロマネスコのオーブン焼き

カリフラワーもブロッコリーも好きだけれどロマネスコが出始めると、ロマネスコに目がいってしまう。。なんて 不思議なの。 と じーっと見つめてしまう。。もう 一度そう思ったら、恐竜にしか見えない。。 あの、ツノのある、4つんばで 歩く恐竜。我が家では、ロマネスコはいつもオーブン焼き。レシピというほどではないですが・・(大皿1杯分)+ + + + + + + + +材料:ロマネスコ1/2個、ニンニク1片、ローズマリー、塩、胡...

  •  4
  •  0

Museo Sorolla

ずっと行きたかった、チャンベリ地区にある、ソロージャ美術館。ホアキン・ソロージャ(ソローリャ)はバレンシア出身の画家(1863ー1923年)。彼が晩年、アトリエ兼住居として使っていた邸宅が美術館になっています。門から入ると、すぐに広がるアンダルシア風の庭。水の音がとても心地よく、ここがマドリッドなのかと疑ってしまうほど・・ソロージャは、スペインの印象主義、と言われる、光を描いた画家で、スペインで人気の、そ...

  •  2
  •  0

チャンベリのバル巡り 3(EL DOBLE ・SYLKAR)

更に続き・・このポンサノ通りは、大通りではなくて、細い通りなのだけれど、とにかく、バルやレストランが隣り合わせにひしめき合っている通り。。こういう通り 大好き☆ 入るのに並んでいる有名店もあったり、どこもとてもいい感じ。でも、この日は、この通りの有名どころへ。。名前を知らなくても、きっとここだろうと思った、EL DOBLE。こういう雰囲気は、スペインの典型的な、人気店の風貌。。中はもちろんギューギュー。。...

  •  2
  •  0

チャンベリのバル巡り 2(FIDE)

続き・・目指したのは、ポンサノ通り(calle de Ponzano)。この通りには美味しいバルやレストランが多いという。ポンサノ通りの入り口にある、FIDE。もう、見るからに、絶対に美味しい雰囲気。そんなに広くないカウンターの中に4人ぐらいカマネロ達が、キビキビ動いている・・もう これは 絶対に 良いバル。周りを見渡すと・・まだスペイン人的には早い時間なのに、タパではなく、ラシオン(1皿)で、いくつも注文して食べてい...

  •  4
  •  0

チャンベリのバル巡り 1(BODEGA DE LA ARDOSA)

週末は日帰りでマドリッドへ・・用事を済ませ、、いつもならマラサニャ地区をフラフラするのだけれどこの日は、チャンベリ地区へ。チャンベリ地区は、セントロ(中心街)からは少し離れているけれどでも、セントロから近い、庶民的な地区。何度か美味しいものを求めて歩いたことはあるのだけれど、全くアウェイなので地理的にも、そして、どの通りを目指せばいいのかわからず、不発に終わっていた・・でも今回は、とりあえず有名店...

  •  2
  •  0

クエンカ旧市街散歩 36

続きを・・クエンカを初めて訪れた時、一番印象的だったのが、旧市街のカラフルな家々。。旧市街をトレド門からマヨール広場までの道なり、脇道、そして広場にはちょっと傾いた カラフルな家が多い。違う色にしたくても できない 一生同じ色、同じ窓やドアの位置・大きさの家々。新市街に向かうことにして、マヨール広場から下の大通り、アルフォンソ8世通りを歩く。この通り、この広場から信号までが、旧市街の最重要目抜通り☆...

  •  2
  •  0

クエンカ旧市街散歩 35

旧市街のマヨール広場まで登ったら、帰ろうかな。。と 思っていたのだけれど、市役所のアーチの奥に見える建物の扉が開いていた・・Convento de Las Blancas(白い修道女の修道院)と呼ばれているConvento de las Santísimas Esclavas del Santísimo Sacramento。ここは、、信者でない私が言うのは変だけれども、、とても落ち着く場所。。扉を開けると、すぐに木の椅子が並んでいて、祭壇に向かって真ん中に、鉄の柵があって、そ...

  •  0
  •  0