archive: 2016年03月  1/1

スポンサーサイト

No image

Oporto 2

今回滞在したアパートメントは ボリャオン市場の目の前だったので毎日市場を通り抜けました。。外観はとても立派。街路樹が木蓮で、なんだか日本をふと思い出してしまった。。市場の周りには ポルトガルらしいタイル張りの家並み。市場の中は・・もっと 活気があってもいいと思うのだけれど、でも、これが いいのかもしれない。スペインでは買えない日本と同じ蕪(大きさは倍以上だけれど)や菜の花みたいな野菜が売っているの...

Oporto 1

聖週間の連休にポルトへ行ってきました。雨の似合う、静かな街 ポルト。ランドマークの多いポルトの街の、これもそのひとつ。COLISESU は 今も現役の劇場(テアトロ)。まだ日本の繁華街にもありそうな このレトロな雰囲気がどこか懐かしい。。スペインでは聖週間の1週間は、毎日何かしらのパレードや行事があるのですがポルトガルの聖週間はとても静か。。同じカトリックの国でも随分違うようです。。今回滞在したアパートメ...

本日のアペリティボ

先週末バレンシアの市場で買ってきたエンクルティードス encurtidos(ピクルス類)瓶詰などで市販されているものでも美味しいものもありますが・・やはり市場や専門店で売っているものは美味しい⭐︎⭐︎⭐︎今が旬の新玉葱の甘酢漬け。レタスや、トマトだけのサラダにのせたり、そのままつまんだり。細長いハラペーニョのようなのは、ギンディージャ guindilla や ピパラ piparraと呼ばれ辛いのと、辛くないのがあって、これは辛くな...

トルティージャ デ アバス

初めて空豆のトルティージャを食べたのは義祖母の実家のあるバレンシアの村でした。村のバルに入ると まだ朝の12時頃なのに テーブルは満席・・バレンシアでは アルムエルソ(朝食と昼食の間の食事)をしっかりとる習慣があるのです。(もちろん、職業によって違いますが。)見ると 見たことのないボカディージョを食べている・・なんだろう??  と 目を凝らして見ると・・ 空豆・・これは 食べるしかない。 ^^私の住む...

バレンシア火祭り 3

市庁舎広場からものすごい数の人たちが旧市街へ向かって大移動・・こんなに旧市街に入りきるのかしら?? なんて思いながら、バレンシアの中央市場へ到着すると・・そうだった そうだった。 入らなくたっていいんだった。みんなタパとビールを手に道に繰り出している・・ ^^;とりあえず、セピア(モンゴウイカ)の鉄板焼きとビール。。他にも、イカリングのフライのボカディージョや、小さなエビの唐揚げ・・ どれもこれも美...

バレンシア火祭り 2

いざ マスクレタ(爆竹ショー)へ。エルサンチェから市庁舎広場までは歩いて15分足らず・・でも、場所を確保しなくてはならない。。マスクレタは3月1日から19日の祭り最終日まで毎日午後2時から市庁舎広場でやっていてむしろ、ファジャ(人形)を見るのよりも、大事なイベントなような。。特に、バレンシアっ子達の血が騒ぐ、見逃してはいけないイベント⭐︎市庁舎広場にフェンスを設置しその中で爆竹を設置しているのですが、遅れ...

バレンシア火祭り 1

週末はバレンシアの火祭りを見に行ってきました。バレンシアの火祭りは3月14日〜19日が開催期間なのですが、その数日前から、火祭りの人形を設置し始めるので、完成しているところがあったり、未完成だったったりするのを見ることができるのです。まずは、市場で買い物をして・・ この日の一番のイベントは、2時から始まるマスクレタ(爆竹ショー)。それまでブラブラすることに・・火祭りはバレンシア中でやっていますが、やはり...

アルビアス ネグラス コン ベルサ

アルビアス ネグラス alubias negras は 黒インゲン豆ベルサ berza は キャベツ(の一種)キャベツを買ったら、必ず作るのがこれ。キャベツと黒インゲン豆。これを白インゲンで作ったら、味がぼやけてしまうんだろうな・・この日は、黒は切らしていたので、小豆色のものを代用。いつもは入れないのですが、モルシージャがあったので入れるレシピで。。(1皿分)+ + + + + + + + + + + + + + + + + + +材料:黒インゲン2掴み...

HEMA

HEMAはアムステルダム発のスーパー。アムステルダムで始めて入った時からすっかり気に入ってしまいパリにも生鮮食品なしの雑貨中心の店舗が展開していていつスペインに上陸するのかと 楽しみにしていたのです。。スペイン1号店が去年やっとマドリッドにオープンし、あっという間に3店舗に。。もちろんクエンカには店舗進出はないので・・マドリッドに行くと足を運んでいます。1号店はグランビアからフエンカラル通りをひたすら真...

vacaciones

最近は、カフェやバルとレストランの中間の、いわゆる、軽食をとれる店が増えてきています。。スペインの伝統的なタパを出すのではなく、サラダやフランクフルトやフムスなど。。 流行りの食べ物を揃えていて、軽くつまむ・・そして カフェを飲みながら だらだらする・・系の店が増えています。食べ物は・・ともかく・・ 雰囲気がいいので ちょっと休憩するのにはピッタリ⭐︎ここはマドリッドのマラサニャ地区のエスピリュトゥ...

Calle Espíritu Santo

週末用事があってマドリッドへ・・マドリッドのマラサニャ地区にあるエスピリトゥ・サント通り。何か流行のものがある訳ではないのだけれど、ここはマラサニャ地区の雰囲気を味わえる通り。この通りにはなんでもある。。古い物と新しいものが混在していて、でも、もう少ししたら新しいものの方が増えてしまって変わってしまうかもしれないけれど、今はまだ、バランスを保っている、そんな通り。好きなビンテージなカフェがあったり...

週末米料理

週末は大きなパエージャ鍋と、パエージャ用の大きなガスコンロと、小さめのガスボンベを出してきて、テラスがないのでキッチンで、米料理を♪やっぱり、火 で作る料理は違う。大きな鍋なので油も広範囲に飛ぶし・・準備も片付けも普段よりもかかるけれど、、これは作る価値あり⭐︎週末限定だけれども・・ なるべく 作れる日は作るのです。スペインには米料理が100種類以上あると言われていて、大きく分けると、パエージャ鍋で作る...

レヴエルト デ アホス ティエルノス

今が旬のアホス ティエルノス(葉ニンニク)。でも一応一年中売っています。でも太さが全然ちがうのです。今は太くて頑丈そうな?ものが出ています。こういう野菜はなるべくシンプルに、食べるのが一番!ただ炒めたり(→⭐︎)トルティージャ(→⭐︎)を作ってしまったら 次はこれ。卵で和えます。(1皿分)+ + + + + + + + + + + + + +材料:葉ニンニク1束、卵大1個、オリーブオイル小さじ2、塩胡椒手順:①フライパンにオイルを熱し...

本日のアペリティボ

もう変わってしまった、いつも通っていたバルで、好きだったカナぺ。スライスしたバゲッドに スライスしたトマト と スライスしたチーズそして上からオレガノとオリーブオイルこれがとても美味しかった・・これに合うチーズは、そんなにクセのないもの。クセのあるものはそのままが一番美味しいから。。スペインでいうと、熟成度はセミクラド(半熟生)がよいでしょう。羊でも、牛でも。+ + + + + + + もう3月だから、春が近づ...

ARCOS

スペインには ⚪︎⚪︎の町・村というのがあって、ハモンイベリコの町、ケソ・マンチェゴの町、サクランボの町、パプリカ粉の町、飴の町・・籠の町、織物の町、繊維の町、ワイン樽の町・・ などなど・・クエンカの隣の県、アルバセテ県(特にアルバセテ市)は ナイフの町。アルバセテ Albacete と言ったら、 ナイフ! というほど有名です。食事に使用するナイフはもちろん、折りたたみのナイフや調理用のナイフ(包丁)。安いも...

ガジェタス デ ウエボ

ガジェタス galletas は クッキーやビスケット類の事ウエボ huevo は 卵。こういうお菓子は、お菓子屋やパン屋で売っています。ガラスのショーケースに綺麗に並べてあって、注文したものを店の人が袋に入れて量ります。どれも、いや、ほとんど、同じように見えるのですが・・ちゃんとひとつひとつ名前があって、味や食感が違うのです。私がいつも買うのは これ。卵ビスケット、という名のお菓子。これ・・ 鳩サブレに似て...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。