mis favoritos

ARCHIVE PAGE

archive: 2015年11月  1/2

ブニュエロス デ カラバサ

バレンシアと言えば、これ。ブニュエロス デ カラバサ。小麦粉、南瓜、ベイキングパウダーを混ぜて揚げたお菓子。ドーナツよりもチュロスに近い。。これはバレンシアの火祭りの時に食べるもの、ですが、勿論いつでも食べる事が出来ます。そしてチョコレートと一緒に食べるのです。揚げたてに砂糖をまぶしたものを、手でちぎりながら、ホットチョコレートにつけて口へ放り込む・・アツアツ・・ フワフワ・・ モチモチ・・・  ...

  •  8
  •  0

Valenciaのクリスマス

11月最終週末・・やっとクリスマスムードに・・と 言っても、さークリスマスの飾り付けを! ではなく、さー プレゼントを買わなくては!!! と 動き出すのです。。(勿論、食料品の調達も・・)クエンカ人は都会に出て買い物をします。マドリッドかバレンシアに行くのです。この日はバレンシアへ・・・メルカド コロンを横切っていると・・・あ。 見える見える。。市場の奥にクリスマスツリーが。ちなみに、スペイン語では...

  •  4
  •  0

続 Ruta del Puchero

バルが開くのはだいたい夜は7時前後。でも、まだ厨房は準備をしていたりで、温かいタパにありつけるのは8時頃だったり。夏は繁忙期なので、バルの空ける時間も厨房の準備できる時間ももっと早かったりするのですが人出の減る冬は遅いのです。でも8時頃にはバルは込み合ってきます・・テラスはないし、コートは着ているし、で、冬のバルはちょっとモコモコでギュウギュウ。。結局冒険せずに先週と同じバルでブチェロを。。豚のアバ...

  •  4
  •  0

ナッツ入りのお菓子

パイ生地にカベジョ デ アンヘル(瓜のジャム)が挟んであって上に松の実が散りばめられた焼き菓子。スペインのもともとの食文化なのか、700年以上続いた、イスラム文化の影響が大きいのか、こういうパイ生地&ナッツ系のお菓子が多い。こちらに来てから通っていた語学学校には様々な国々から来ている人達がいて、初めて接する国の人が多く、欧米アジア以外に、エジプト、シリア、レバノン、モロッコ、南アフリカなどの中東やア...

  •  4
  •  0

しめ鯖

鯖は私にとっては救世主。生魚が食べたいなぁと魚売り場に行き、鮪や鰹が売っていないとき、鯛はちょっと高いなぁと思う時、新鮮な鯖が売っていると、救われた気分になる。鯖は味噌煮や、エスカベチェ、そして、しめ鯖。塩をふり置いた後、ワインビネガーと砂糖で漬けるだけ。。。ワインビネガーでも充分美味しく仕上がります♪+ + + + + + + + こちらのスーパーや魚屋では、魚は丸ごと売っていて、小さな物以外は全部こちらの要望...

  •  4
  •  0

クエンカで朝食を♪

クエンカの旧市街で朝食をとるとしたら・・朝食と言っても、軽く、トーストとコーヒーやオレンジジュース。マドリッドやもう少し都会なら朝からやっているバルが沢山あるけれど、、クエンカの旧市街はそういうバルは少ない。でも、ここは、ちょっとおすすめ☆ホテルに併設されているカフェテリア。最近リノベーションして少しモダンになってしまったけれどでも、ここは昔からあるホテル。 なんと言っても、この鉄格子越しに見える...

  •  4
  •  0

田舎パン

オガサ デ パン hogaza de pan という名前のパン。田舎パンというような意味。大きくて皮が固めで中がフワフワしている 田舎風のパン。そして、薪で焼いた物が多い。 そして少し日持ちするタイプ。これは直径28cm。とても 大きい。 ^^これを持って家に入るだけで、薪で焼かれた小麦の匂いが家中に広がる・・バゲッドよりも、中がぎっしり詰まっていて、ちょっともろい。次の日も食べる事の出来るパン。でもこのタイプのパ...

  •  4
  •  0

ギソ デ パタタス コン サルモン

鮭/サーモン(サルモン/salmon)は一年中買う事の出来る魚。でも 今がやはり旬なのかな。。サーモンはスライスされている物と、半匹売りされているものがあって、この日は、鮭が比較的小さかったので、それを思い切って半匹買う事に。まず、半分はスライスしてもらい、残りは2枚にしてもらいました。紙で摘んで袋に入れて手渡されると、ズシンと重い・・・こちらではサーモンは焼いて食べる事が多いです。あとは、これ。 サー...

  •  2
  •  0

Ruta del Puchero

今年も 私の大好きな催し物 Ruta de Puchero が 始まりました。クエンカの新市街と旧市街、郊外の村のレストランやバル数軒が参加していて日替わりのスープを出すのです。毎年少しずつ仕組みが変わって来ているのですが、今年は ボテジン(瓶ビール/250ml)+プチェロ(スープ)で2,50ユーロ。少し割引になっている。。 いいねいいね。スープ/汁物の煮込み料理 が 大好きなので、すぐにプログラムを入手し、どこへ行こう...

  •  6
  •  0

クエンカの谷間

昼過ぎ、シエスタをする人もいるけれど、散歩をする人も多いのです。スポーツウエアーの人もいるし、くたっとしたジャケットにズボンと革靴のおじいさんもいたりみんなで一本道を歩いて行きます。。パラドールに上る坂を通り過ぎ、川沿いに、宙づりの家を見上げながら・・サン・パブロ橋をくぐると、道は川沿いに、そして、ずっとずっと進むと山を登り、旧市街の上に出るルート。それはちょっと・・またの機会にして。。川沿いに平...

  •  2
  •  0

アーティチョークのマリネ

もうアーティチョークが売っている。こちらではアーティチョークは冬から春にかけてが旬。20度を越す温かい日が続いているので気がつかなかった、、そうだ もう 11月も中旬・・ 冬が始まるんだった。明日からはグンと気温が下がって、最低気温はマイナスになるという・・アーティチョークは、オーブンで焼いたり、炒めたり、米料理に入れたり、煮込んだり。でも さっぱり食べたい時は、これ。+ + + + + + + + + + + + + + + + ...

  •  2
  •  0

Posada De San Jose

この日は旧市街にあるレストラン Posada De San Joseへ。ここは家族経営のホテル兼レストラン。 でもレストランは平日の夜と土曜の夜、そして土日の昼のみの営業。この建物は旧市街の中でも一際目を惹く美しさ。。サン・ホセの彫刻に蔦が絡まり、夜は黄色い灯に照らされ、ちょっと幻想的。。ここはカテドラルで歌う聖歌隊の子供達の学校だったのです。階段を下ると、あっちへこっちへと階段があったりアーチがあったり迷路に迷い...

  •  4
  •  0

夜の過ごし方

多分 スペイン以外の殆どの国の人達が夕飯を食べている時間、夜の7時前後・・スペイン人は まだ 街をウロウロしている事が多い。。夕飯は9〜10時スタート まだまだ時間がある。散歩をする人、まだ店も8時〜9時ごろまで開いているので買い物を済ませる人、人と待ち合わせて夕飯前にカニャを一杯飲んだり。。そして 美術館の類いも大体9時頃までやっているので、旅先なら、この時間は美術館巡りもおすすめ。。旧市街で夕飯を食...

  •  2
  •  0

チャンピニョン エン サルサ デ セルヴェサ

セルヴェサ cerveza は ビールの事。スペインへ行くなら、欠かせない単語のひとつ。 ^^チャンピニョン(マッシュルーム)を炒め、ビールのソースで煮込みます。(1皿分)+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + +材料:マッシュルーム200g、ニンニク1と1/2片、玉葱1/4個、オリーブオイル小さじ1   ビール100cc、塩胡椒、タイム、水大さじ1、片栗粉小さじ1/2手順:①フライパンにオイルを熱し、ニンニクと玉葱の微塵切りを...

  •  6
  •  0

PRAY FOR PARIS

 いつもよりもライトを落とした旧市街の中に、浮かび上がる トリコロール 犠牲者とその家族や友人達に祈りを。。そしてパリとパリ市民に、一日も早く穏やかな日常が戻りますように・・...

  •  0
  •  0

アイスキャンディ

マドリッドのマラサニャ地区のエスピリトゥ・サント通りにある最近流行っているアイスキャンディ屋。この通りは、来る度に変わる。どんどん変わる。昔ながらの店が、新しく生まれ変わる。とてもお洒落な通り。イタリアを旅した時に必ず食べる、ジェラート、と、その脇で売っている、果汁たっぷりのアイスキャンディ。それが食べられるという店。POLOS ARTESANOS 自家製 アイスキャンディアルテサノ artesano 自家製という言葉に...

  •  4
  •  0

PRIMARK

最近オープンして話題を呼んでいる、マドリッドのグランビア大通りのPRIMARK。PRIMARK自体は、随分前からスペインのショッピングモールに必ずあるブランド。 でも、ここのすごいのは、建物。グランビア大通りに軒を連ねる大きな古い建物群。古い劇場や映画館に、今はZARA やH&Mなどが入っている。これもそう。昔の大きなデパートを、そのまま利用しているいうので話題を呼んでいる。少しだけ パリの老舗デパートを彷彿させる。。...

  •  2
  •  0

本日のアペリティボ

ケソ・マンチェゴ(ラマンチャのチーズ)と 葡萄。そして、赤ワイン。最近、とても綺麗なラベルのワインが多い。。そして ワインの名前も 惹かれるものが多い。。このワインの名前は "EL ILUSIONISTA"  エル イルショニスタ。イルショニスタとはサーカスに出てくる 手品師 魔術師 のこと。それ以外の手品師は MAGO マゴ。 同じなのに、違う ところが いい。だって 確かに 違うから。ラベルには一輪車に乗った魔術師...

  •  4
  •  0

大きな卵

卵はなるべく地元のものを買うのですが、そういう卵はスーパーではなく、パン販売店や小さな店にあって、サイズがいくつもあるわけではなく、大体いつもXLサイズ。それでもバラツキがあって、XXLサイズの時も。今回はXXXLかな。。 カートンのケースの蓋が閉まらず、、輪ゴムでとめてある。。危ない・・ 今、大きな卵を産む時期なのだそう。それが終わるとまた普通のXLサイズになったり。。そんなことがあるなんて知らなかった・...

  •  4
  •  0

メンブリージョ

もうメンブリージョ(花梨)の季節だな。。今年も作らないとな。。 と 思っていたら、庭で採れたというメンブリージョをいただいた。。んんん・・ いい香り。1日 部屋に置いて香りを楽しみ、早速作りました。カルネ デ メンブリージョ → ☆花梨と砂糖を煮詰めて固めたもの。1年に1・2度しか作らないので、あれ?こんなだったっけ??と 毎回振り出しに戻る。でも、そんなものばかりな気がする。そうやって 年をとっていく...

  •  8
  •  0