mis favoritos

ARCHIVE PAGE

archive: 2014年01月  1/2

クエンカ旧市街散歩 2

サンパブロ橋はかなり高いです。正面にカテドラルの後ろ姿が見えます。橋を渡り切ると宙づりの家(casas colgadas)が現れます。宙づりとは大袈裟な。。 と 思うのですが、、 あのバルコニーは怖かったです。。この家は美術館とレストランになっています。クエンカは芸術家の村でもあるのです。そしてこのレストラン・・・についてはまたいつか。。旧市街の中に入って行きます。。...

  •  2
  •  0

Parador de Cuenca

クエンカの冬は11月頃から始まり4月頃には花が咲き始めますが5月位までは厚手のコートが手放せません。。今は出ていないのですが、このパラドールの外側、丁度この写真の手前のスペース暖かくなるとテラスが出るのです。 旧市街を眺めながらコーヒーや、ビールやワインやカクテルを。。「クエンカで一番眺めの良いカフェ」と言われています。中庭にはテラスがありますが、いつもの回廊のソファー席へ・・・奥の角を右に曲がるとソ...

  •  0
  •  0

エルビド

たまに、無性に食べたくなるのです。シンプルな、素材だけの味。(2皿分)+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + 材料:ジャガイモ大2個、人参大1本、玉葱中1個、モロッコインゲン10本、塩、   オリーブオイル、ローレル1枚手順;①ジャガイモと人参は皮を剥き大きめに切り、玉葱は大きめに櫛切り、    モロッコインゲンは3cm幅に切る   ②たっぷりの水に①と塩とローレルを加えインゲンが柔らかく...

  •  0
  •  0

La Ponderosa

写真ではちょっとわかりにくいのですが、、ただの目玉焼きではありません。これを食べに遠方からもやってくるのです。昨年末、突然リスボンから友人夫婦が訪ねてきました。。マドリッドに宿を取って遊びにきていると。クエンカには私達に会いに、もしも会えなくてもPonderosaの卵を食べられればいいと。。目の前でアンヘルがナイフとフォークで切ってくれます。もちろんパンを浸して、卵をすくいながら食べます。スペイン人は卵に...

  •  6
  •  0

Parador de Cuenca

パラドールはスペインの国営のホテルです。クエンカのパラドールは修道院を改装したもので旧市街にあります。周りには大昔に浸食した痕を残す岩肌が見えます。ここはまで水があったのです。今は崖の下を小さな川が流れているだけです。中に入ると回廊があります。今はガラス張りですが、ここを修道士達が歩いていたのです。。。回廊の内側には中庭があります。 中庭には古い石の噴水があります。数年前に友人夫婦がここで式をあげ...

  •  2
  •  0

ese O ese

もう1月も後半ですが・・・スペインでは東方三賢人が来て子供達にプレゼントを置いていきます。それが1/5の夜で、次の日は祝日となり、この日をもってクリスマスが終わります。そして1/7から冬のセールが始まることになっています。ほとんどの店でセールになります。衣料品以外にも家庭用品を売っている店もセールになるので、楽しいです。スペインで買い物する際の混雑を避けるコツは、、、 3時〜4時半ぐらいを狙う事です。スペ...

  •  4
  •  0

パパス アリニャス

先日バレンシアのバルで食べた パパス アリニャス です。家でも作ります。+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + 材料:ジャガイモ中2個、新玉葱1/4個、イタリアンパセリ、ニンニク1/2片   ワインビネガー小さじ1、オリーブオイル大さじ1、塩こしょう手順:①ジャガイモを茹で冷まします。   ②器に微塵切りにしたニンニクとイタリアンパセリとオリーブオイルを入れつぶすし、    そこ...

  •  2
  •  0

クエンカ旧市街散歩 1

今朝、久々に晴れたので、午前中に旧市街まで行ってきました。久々の青空です。クエンカの旧市街の下の川沿いを歩いて行きました。空気が冷たく、耳と顔が寒かったです。 指の部分の切れた手袋をしてたのですが寒くて手をこすっていたら、急に目の前に散歩中のおじいさんが現れ、私の両手を彼の手で包み込んできたのです。歩いるから、ほら、こんなに温かいんだ。 だろ? 温かいだろ? そうだろ? え、あ、温かいです。。。:...

  •  2
  •  0

オリーブ

先日バレンシアで買ったオリーブです。この他にも酢漬けの玉葱やピーマン、そしてアンチョビなどなどいろいろあるのですが、、なんとか冷蔵庫に収まりました。。1つ1つ味が違います。。レモン味、ニンニク味、パプリカ味、、などなど。。オリーブだけを小さな器にいれて摘んだり、このようにトマトの上にオリーブを散らします。白とピンクのものは玉葱の酢漬けです。甘酢についているのですが、玉葱がまだ固くシャキシャキしてい...

  •  2
  •  0

Cervecería Zacarias

バレンシアの典型的なレストランです。中に入るとカウンターがあり新鮮なシーフードが並んでいます。奥がレストランです。バレンシアはパエージャが有名ですが、それだけではありません。他のお米料理はもちろんのこと、シーフードや野菜料理がとてもおいしいのです。これは テジナス という貝です。バレンシアでとれる貝です。まずはテジナスとビールを。そして今が旬のアーティチョークを。レモンを搾って食べます。薄くスライ...

  •  4
  •  0

El Albero

バレンシアにも沢山おいしいレストランやバルがありますがここには数年前から通っています。おいしい事、そして、やはり、通っていると店の人達と親しくなります。それも通ってしまう理由です。アンダルシアのバルです。バレンシアの気候は温暖なので基本的には一年中テラスが楽しめるのですが、この日は雨だったので中のカウンターへ。このあと、もう一件行く予定だったので、タパを1つだけ。。アンダルシア風のポテトサラダ、パ...

  •  2
  •  0

Mercado de Ruzafa

バレンシアに行くときはなるべく午前中に市場に寄れるように心がけます。バレンシアの野菜や果物は、やはり、鮮度が違うのです。この市場はバレンシア北駅の側にあります。今日は冬野菜を買ってきました。アーティチョークや空豆は冬から春先にかけて限定なのです。そして今の季節はオレンジです。バレンシアのオレンジは外側の皮は柔らかく、実は水分が多く、とても甘いのです。カフェテリアやバルで飲むオレンジジュースはこの時...

  •  0
  •  0

カフェオレボール

古い物 昔ながらの物 に惹かれます。スペインに来て驚いた事の1つが、、自分が買ったものを、両親からもらったものを、祖父母からもらったものを、使い続けている。 それだけのことなのですが、「このベッドで私は産まれたのよ」 ということは90年以上前のこと。「これは私が結婚した時に私の祖母が自分が結婚した時に買った食器を持たせてくれたの」  ということは? ん? 100年以上前? 家具。食器。シーツ。テーブル...

  •  0
  •  0

ピスト マンチェゴ

今度は「マンチェゴ」つながりです。ピストは、野菜のトマト煮です。ラマンチャでは、ピーマンとタマネギとトマトのみが多いです。あれば、ナスやズッキーニをいれます。でも、ニンニクは入れません。オリーブオイルと塩と砂糖、そしてローレルを入れて半量になるまで煮詰めます。スペイン人はピストが大好きです。肉や野菜の付け合わせやソースとしても。でも、一番好きな食べ方は、ピストとオリーブオイルで揚げたポテトに、たっ...

  •  0
  •  0

クエンカ

私の住む街には旧市街があります。よく旧市街を散歩します。何度も通ったはずの道なのに、通るたびに、非現実的な感覚におちいります。古い鉄格子のついた窓傾いた土の壁石畳の細い路地大きな石の階段今も暮らしている人達がいるのに流れている時間や空気が違う気がするのです。ユダヤ人が隠した金貨イスラムの城塞ローマ時代の水道橋や遺跡そして 恐竜の骨の化石・・・・全てがここで起きた事なのかと思うと、この街の背負って来...

  •  0
  •  0

ケソ デ ロメロ

ケソ マンチェゴ です。 ラマンチャのチーズです。ラマンチャ地方は「羊」で有名です。 チーズも全て羊のミルクで作ります。羊の群れと羊飼いをよくみかけます。我が家の裏山にも草を食べにきます。 臭いでわかります。。ちゃんと証拠も残して行きます。。。「ケソマンチェゴ」と呼べるのは、ラマンチャで産まれた羊のミルクを使ったチーズのみです。スーパーでも買えますが、できるだけ直接小さなメーカーの工場や直販店、も...

  •  0
  •  0

ガスパッチョ マンチェゴ ビウド

今年に入ってから雨がよく降ります。 毎日温かいものを食べたくなります。「ビウド/ビウダ」つながりです。ガスパッチョというと、アンダルシア地方の冷製トマトスープが有名ですが、私の住むラ・マンチャ地方にもガスパッチョがあります。 温かいガスパッチョです。 マンチェゴというのは、「ラ・マンチャの」という意味です。ラ・マンチャ地方では狩猟が盛んでその肉を使った料理が沢山あります。このガスパッチョ マンチェ...

  •  0
  •  0

Bodega de La Ardosa

マドリッドのバルに入ると小さなグラスで琥珀色の液体を飲んでる人達を見かけます。 ベルムー(vermouth)です。マドリッドはカニャ(グラスビール)もおいしいですが、私はベルムーが好きです。ベルムーはワインに何種類もの植物を漬けたものです。甘めですがすっきりしていて、氷やオレンジのスライスが入ってでてくるところもあります。おいしいベルムーを出すバルには、カウンターにあるビールサーバーの横にベルムーのサーバー...

  •  2
  •  0

レンテハス ビウダス

レンズ豆の煮込み料理。 肉なしです。チョリソを入れる事が多いですが、我が家の定番はこれ。レンズ豆は水に戻さなくてよいものが多いので、思い立ったらすぐ作り始める事ができるのがまず魅力。しかも、鍋に材料と水を入れて弱火で煮込むだけという。。ミキサーにかけてピューレにしてもおいしいです。ビウダとは、和訳では「未亡人」という意味で、肉などが入ってない料理や、野菜だけだったり、シンプルな素材だけだと、ビウド...

  •  0
  •  0

Lambuzo

マドリッドに行ってきました。昼は、魚が食べたい気分だったので、アンダルシアのバルへ。カディスという街のバルです。スペインの中でも陽気な事で有名なアンダルシアの人々。このバルも全員アンダルシア出身者です。この日は片口鰯のフライと鯖入りのポテトサラダそしてマグロとピストの煮込みのタパをつまみました。カディスはマグロで有名なのです。この他にもおすすめは、ヒヨコ豆とほうれん草の煮込みやイカとジャガイモの煮...

  •  3
  •  0