fc2ブログ

mis favoritos

Welcome to my blog

Category世界のチーズ 1/1

Brebis au piment d'espelette(フランス)

右側のを2切れ買ったのですが、もう食べてしまったので現物の写真はなし。。夫はこれが今回1番気に入ったらしい。(^-^)/brebis au piment d'espeletteフランスバスク地方の羊のチーズ。そして piment d'espelette とは エスプレット唐辛子と呼ばれるバスク地方エスプレット村の唐辛子。 でも、辛くなくマイルドな唐辛子。スペインのバスクでも唐辛子は有名で、やはり辛くなく、乾燥させて粉末にして料理に使います。あ。でも...

  •  4
  •  0

オッソー・イラティ(フランス・バスク地方)

今回の旅で食べたチーズの中で、1番気に入ったチーズがこちら。オッソー・イラティ Ossau Iratyバスク地方からベアルン地方を原産とするフランスのセミ・ハードタイプのチーズ。羊乳を原料としフランスのAOC、ヨーロッパのAOPに認定されている。名前の由来は、ピレネー山脈の麓に広がるバスク地方のイラティの森と、ベアルン地方にあるオッソーの谷から。この右側のトム・デ・ブレビスも同じくバスクの羊のチーズでこれはまさに羊...

  •  4
  •  0

コンテ(フランス)

ここ数日、夕方になると霰が降ったり止んだりしていたのでこれは降るな。。と思っていたら 今朝は雪が降りました ☃️❄️ ☃️ ❄️ ☃️旅行から帰ってきてすぐに買ってきたチーズ全部の写真を撮るべきだったのに、、明日明日と延ばし延ばしにしていたら・・残りわずかになってしまってて、、これは1月末に撮った写真。色々食べた中で気に入った物をいくつか・・コンテ(Comté) は、フランス東部のジュラ山脈一帯・スイスとの国境付近...

  •  4
  •  0

ブリー(フランス)

ブリーは、こちら(→ブリ・ド・モー)で載せましたが、前回より大きめの物を買ってきたので記念にもう一度。(^∇^)少しずつ切って食べています。左からブリー、カンタル、トム・デ・ペイ・バスクカタンコトンと チーズを切りながら 自家製パンと、スープ、と 赤ワイン。今週末は一人だったので・・そんな晩御飯と。。日本の懐かしいドラマや映画をみて夜更かしをして、、そして、友人たちと長電話なんかしたり、、📞(○゚ω゚)ノキイ...

  •  4
  •  0

トム・デ・ペイ・バスク

TOMME DU PAYS BASQUE  トム・デ・ペイ・バスクヌーヴェル・アキテーヌ地方の羊と牛乳のチーズであり、フランスバスク地方のチーズでもある。スペインとフランスにまたがる「バスク地方」。このチーズは、ピリネオの山あいの、スペインの国境まで20kmほどのところにある町のもの。羊と牛乳のミックスのチーズ で 見た目も食べやすそう なのに意外に匂いが強い。 というのが 第一印象。でも それは最初だけで、食べ始めると、...

  •  2
  •  0

カンタル アントル ドゥ(フランス)

CANTAL ENTRE-DEUX カンタル アントル ドゥオーヴェルニュ地方・カンタル県産のセミハードタイプの牛乳のチーズ。フランス最古のチーズで、その起源はローマ時代をさらに遡ると言われている。紀元前からのチーズ。 すごいなぁぁ (。Д゚; 三 ;゚Д゚)いつも思うのだけれど、ローマ人の暮らしと、今の、特に南欧人の暮らしはあまり変わってないような、、と。。゚(゚^∀^゚)σ。゚ワインとチーズとパン。 食べることが大好き☆私の夫は、...

  •  2
  •  0

青カビチーズ(フランス)

パッケージを捨ててしまったので 正式名と産地が不明になってしまった。。((´・ω・`;))Queso Azul は スペイン語。。 Blue de France ・・ これが名前なのか。。? とにかく、青カビチーズ ではあることは確か。私、スペインの青カビチーズは苦手なのだけれど・・何故か、フランスの青カビは食べられるのです。。でも、ロックフォールは食べられない、、 なんでだろう。。ちなみにスペインの青カビチーズは、アストゥリ...

  •  6
  •  0

ルプロション(フランス)

Reblochon ルブロションオーヴェルニュ=ローヌ・アルプ地方/サヴォア県の 牛・白カビのチーズ牧草地で地主が搾乳量を調べに来た後に、全部搾り切らず残しておいた牛乳でこのチーズを作っていたといわれ、サヴォワ地方の言葉で「再び搾る」という意味の「ルブロション」からこの名がついたといわれているチーズなのだそう。牛乳の白カビチーズは いくつか試してきたけれど、これは多分初めて。 どれも美味しいけれど、 とて...

  •  4
  •  0

カマンベール(フランス)

camembert カマンベール は ノルマンディ地方の白カビの牛乳のチーズ日本でもお馴染みのカマンベール。でも、初めてカマンベールを食べたのは、確か、20になるかならないかぐらいの時、友人宅に皆で泊まりで宴会?をすることになり、友人がカマンベールを買おうといったのです。あのころは、ワインやチーズが 流行り始めたころで、日本の普通のチーズしか食べたことがなかったので、カマンベールは衝撃的だったな。。臭いし。...

  •  4
  •  0

トム・デ・モンターニュ(フランス)

Tomme de montagne トム・デ・モンターニュオーヴェルニュ=ローヌ・アルプ地方のカーブで熟成させる牛乳のチーズ。プラスチックのカバーを開けると匂いが結構きつくて、これは苦手かもと思ったけれど、食べてみると、匂いとはまったく違う、クリーミーで美味しい♡表面が黒いのは、燻製なのかな?? 味もそんな感じがするけれど と思ったけれどどこにも表記されていなかった。。左からカマンベール、トム・デ・モンターニュ、ロ...

  •  2
  •  0

モルビエ(フランス)

Morbier モルビエスイスと国境を接するブルゴーニュ=フランシュ・コンテ地方の牛のチーズ。この地方のコンテというチーズを作るのに余った牛乳を型にいれ、虫除けに煤(スス)を振りかけ、翌日朝搾りの牛乳を足して作られていた、というチーズ。なんで真ん中に煤が入っているんだろうと疑問だったのだけれど、そういうわけだったのか。。コンテもモンビエールも好きなチーズで、フランスに行くと必ず買うチーズのひとつ。ブルゴ...

  •  2
  •  0

ブリ・ド・モー(フランス)

Brie de Meaux ブリ・ド・モイル・ド・フランス地方の牛・白カビのチーズ。好きなチーズ。 でも イル・ド・フランス地方が産地だったとは知らなかった。カマンベールによく似ていて、もちろん、とても美味しい☆実は1個1個食べているわけではなくて、4ついっぺんにあけて少しずつカットしながら食べています。昔昔、母とパリを訪れた時に、とあるビストロでランチメニューを食べ最後のデザートを注文する時、メニューを見てもフ...

  •  2
  •  0

トム・デ・ブレビス(フランス)

Tomme de Brebis トム・デ・ブレビス は ヌヴェル・アキテヌ地方の羊のチーズ。ヌヴェル・アキテヌ地方はスペインのバスク地方と国境で面し、大西洋側のエリアで、大きな町ではボルドーがあります。固さは、、柔らかすぎず固くもなく、崩れることなくナイフで切れるけれどナイフにチーズのあとがうっするつくような感じ。お味の方は・・・ 美味しい!!!!(((o(*゚▽゚*)o)))羊なので、スペインチーズを彷彿させるというのもある...

  •  2
  •  0

ブルターニュのチーズ(フランス)

最近充実しているドイツ系スーパー(Lidil)のチーズコーナー。フランスを旅した時に立ち寄った市場やスーパーで買ったチーズを見つけると旅の風景まで目に浮かんだり・・♪旅行にいかなくても、旅行に行った気分で、いろいろなチーズを試してみよう。と、「世界のチーズ」というカテゴリーを作ってみたり。これはフランス・ブルターニュ地方のチーズ。 🇫🇷ブルターニュ地方は足を踏み入れたことがない。白カビの牛のチーズで、カマ...

  •  2
  •  0

フランスのチーズ

このスーパーも混んでいた。 いつも混んでいるけれど。ドイツのスーパー、Lidil。ここ数年、社内で改革が起きたんじゃないかと思うほど変わった Lidil。今はガラス張りで、清潔感もあり、商品の質も上がったような気がする。以前は、クリスマスの時期に、クリスマスグッヅやチョコレートを買いに行くぐらいだったけれど今では、年中必要があれば立ち寄るスーパーのひとつ。よく買うのは、ドイツのフランクフルトやパン、チョコレ...

  •  2
  •  0

ポルトガルのチーズ

リスボンで買ってきたチーズ。毎日少しずつ食べています。真空パックにしてもらったので、まだまだ楽しめそう。上から 羊。 牛。 山羊+牛。 の チーズ。スペインのチーズを友人へお土産に持って行き、友人からポルトガルのチーズをもらったり、買ったりして帰って来る。ポルトガルの友人たちはスペインのチーズが大好きだと言う。そして私たちもポルトガルのチーズ大好き。こちらの人たちの、ワインもそうだけれど、チーズに...

  •  2
  •  0