FC2ブログ

mis favoritos

Welcome to my blog

Categoryオーストリア 1/2

ウィーン土産

旅の最終日、友人宅で黙々と荷造りをしていたら、見兼ねた友人が部屋に入ってきた。荷物は入り切りそうだけど、持って帰りたいものが入らない。そんな大きくないスーツケースに鎮座している、コーヒー を見て、もう。コーヒーなんて、スペインだって美味しいじゃん! 違うもの入れて帰んなよ~  と言う友人。だって コーヒー飲むもん。と 私。すると、ヒジキや佃煮を ポンと スーツケースに入れてくれた。今まで 何度こういう...

  •  2
  •  0

ウィーンで美味しかったもの

ウィーンで美味しかったもの。 もっともっと美味しいものはあるんだろうけれど、ハマったものを。。もともと余り肉は食べないのですが、、フランクフルトソーセージは美味しかった。。スペインの生ソーセージとは違う、加熱したものだけれど、あー 本場は美味しいんだなぁと 思いました。フランクフルトスタンドでも食べたけれども、スーパーで買ってきて、マッシュポテトを添えて、何度か夕飯に。。スペインにも持ち帰ったこの...

  •  0
  •  0

ウィーン・ホイリゲの夕焼け

ホイリゲなんて 友人がウィーンに住んでいなかったらきっと知ることはなかったな。。特にこの、葡萄畑の中にあるホイリゲは、海辺のチリンギート(屋台)で冷えたビールを飲むのと同じぐらいいや、それ以上に、長閑で、リラックスできたかもしれない。。葡萄に囲まれているので、 葡萄をちょっと 摘む・・ 甘い☆友人家族とホイリゲで待ち合わせて夕飯を。チビちゃんが、おーーーーーーい!! と 私達の名前を呼びながら登っ...

  •  2
  •  0

ウィーン・トラム46番線に乗って(8区)

46番線も49番線と同じリングのBurgring・Volkstheaterから出ていて、地下鉄U6のThaliastraßeを結び更に郊外へいくトラム。適当に3駅目、Schottenfeldgasseで降りるとはす向かいに大きな教会。中へ入ると 真っ青な天井が。天井の青、隙間なく書き込まれた煌びやかな壁画、綺麗に柄がつけられた柱。大きな、この地区の教会。Katholische Kirche Altlerchenfeld (Hl. sieben Zufluchten)正面には流行っていそうなパン屋カフェ。朝の9...

  •  2
  •  0

ウィーン・Karl Marx Hof

ウィーンの夏は思ったよりも暑くて、トラムの中も暑かったけれど、でも、街中を走り抜けるトラムは、やっぱりいい。旧市街を出ると、大きくて豪華な建物が疎らになり、シンプルな作りの建物が増える。D線に乗っていたら、こんな建物を見かけました。Karl Marx Hof この集合住宅を設計したカール・エーン(Karl Ehn)はオットー・ワーグナーの教え子だったと言う。少し調べてみると、第一次世界大戦の敗戦後、社会民主党が政権を握...

  •  0
  •  0

ウィーン・第1日曜日美術館巡り

暑いので、KarlsplatzからStephansplatzへメトロ1駅。地上へ上がろうとしたら目に入ったWien Museum の文字。ここもそうかなぁ と入ると無料だった。地下にあるって、なんだろうと思ったら、さらに階段を降りるとこの風景。地下にある礼拝堂。いや、そうではなくて、建設された1220~30年代はここが地上だった。こんな教会で、その一部が残っている。1973年にメトロの工事で発掘されたと言う。ヨーロッパのどの街でも、掘ると、前...

  •  4
  •  0

ウィーン・Wien Museum Karlsplatz 2階

ここには クリムトがあるのです。空いていたので じっくり 隈なく 鑑賞クリムトの絵が4枚ありましたそして 初めて見る エゴン・シーレエゴン・シーレ も 好きなのです彼の肖像画ゴッホのアルルの家の部屋の絵に影響を受けて描いた との事Wien Museum Karlsplatz無料じゃなくても 行く価値あり。オーストリアの魅力がギュッと詰まった美術館でした。KarlskircheOtto Wargner 建築 Karlsplatz駅ここも毎月第1日曜日は見学無料。まだ...

  •  2
  •  0

ウィーン・Wien Museum Karlsplatz 1階

綺麗な建築物を見るのは大好きなのですが全く詳しくないのです。Otto Wargner のことも全く知らなかった。先日蚤の市から見えた綺麗な建物の建築家だと言う。でも 見終わった今は 彼のファンになってしまった ( ´ ▽ ` )蚤の市にあった、マジョリカハウスの図案。マジョリカハウスの隣の建物の完成当時の写真という具合に、彼の図案、デザイン画、建築物の写真などが、何枚も何枚も展示されていて素人の私でさえ、夢中になってみて...

  •  0
  •  0

ウィーン・Wien Museum Karlsplatz 0階

随分時間がたってしまったけれど、、毎月第1日曜日に無料で入場できる美術館などがあると言うので調べて行ってみました。要は、ウィーン市が運営しているもの。Wien Museum Karlsplatzへ3階建で1階は、美容院の歴史?のエクスポジションでした。これが、とても楽しかった。レトロなパンフレットやポスターやそして時代は遡り、当時の髪飾りや、そうよね。この時代も、流行があってヘアーカタログもあったのよね。男性の髭も。いつ...

  •  2
  •  0

ウィーン・ユダヤ人街とジェラート

シナゴーグがあるからこの辺りがユダヤ人街なのだろうと、旧市街のHohermarkt の北側を歩いてみることに。と言うのは、この付近で、金のプレートを見つけたから。Juden gasse やっぱり ここがユダヤ人街シナゴーグ・Stadttempelは1820年に建てられたウィーン最古のもの。というより、戦前94あったシナゴーグは、これ以外全部壊され焼かれてしまったと言う。このシナゴーグに火をつけたら街が燃えると言う理由で残ったのだと。ここ...

  •  0
  •  0

ウィーン・Burggasse通り(7区)

7区の続き。Volkstheaterの裏あたりが7区で、いま、ココらへんが流行っているという。Burggasse通りをまっすぐ。パリでも見かけたインベーダーあれ 旧市街にある ペスト記念塔に似ているような。。アンティークというよりもビンテージを扱う店も多い版画の店があったので入ってみるとお店のお姉さんが色々説明してくれた。古い印刷機で、古い原画を起こして、印刷しているのだという。と、散々英語で教えてくれたあと、私達がスペ...

  •  2
  •  0

ウィーン・トラム49番線に乗って(7区)

トラム49番線はリンクのBurgring・Volkstheaterと地下鉄U6 Hütteldorf, Bujattigasseを結んでいて、私達は終点近くで降りてリングに向かうのが好き。カメラ専門店が集まっているブロック。歩道に埋め込まれた金色のプレイトが目に留まった。強制収容所で犠牲になったユダヤ人の名前や送られて死亡した日、収容所の名前などが刻まれている。ここに 住んでいたんだ。ウィーンでこのプレイトを見たのはこの日が初めてだった。下町っぽ...

  •  4
  •  0

ウィーン・Neubaugasse通り(7区)

地下鉄だとNeubaugasse駅から徒歩。このNeubaugasse通りも 好きです。大通りのMariahilferstraßeと交差していて なだらかな坂の両脇には古い店と新しい店が混在している。立派な建物が多いから昔から重要な通りだったんだろうなぁ銀座1丁目にもあると言う鞄屋この引き出しの中に鞄がひとつずつ入っていて、ひとつしか売っていないらしい。もちろん注文することもできる。センスのいい服と雑貨の店ここは美味しそうだと目をつけ、夏...

  •  4
  •  0

ウィーン・Mariahilfer通り(7区)

Naschmarkt から西へお洒落なカフェや店のある界隈を歩いていると突然大きな通り・Mariahilfer通りに出る。メトロ3駅分ちょっと程もある長い通り。小さな店からZARAや H&Mなどは勿論大きめのデパートがいくつも軒を連ね、カフェやアイスクリーム屋のテラスは満席、そしておおきな木の並木道。とあるデパートの屋上からの眺め。交差する道も歩いて見たいけれど、この日はひたすら真っ直ぐ。カラフルな建物は ウィーンぽいH&M 近代...

  •  2
  •  0

ウィーン・Naschmarkt西側散歩( 6区)

Otto Wargner の弟子設計、青銅のドアは、クリムトの弟作。古典主義から独自の展示活動を始めた分離派の拠り所となった分離派会館、Secession。金色のローレルのドーム は 残念ながら よく見えず。。ウィーンに来なかったら、分離派も、クリムトも、よく知らないままだったろうな。。分離派会館の正面にはNaschmarkt。土曜は蚤の市もあるので大混雑だけれど、平日は空いていて、、でも気のせいか、すれ違うのは、食いしん坊のスペ...

  •  2
  •  0

ウィーン・Naschmark東側散歩(4・5区)

常設の市場Naschmarktの続きにたつ土曜の蚤の市は、平日は駐車場で地下には運河が流れその先に運河が見える。その運河のすぐ脇にあるモデルニズムの建物には歴史のありそうなカフェが入っている。Naschmarkt &運河を境に東側(4・5区)を少し中へ入ると、下町っぽい雰囲気があっていいんです。スーパー、金物屋、古い映画館、車の修理工場、8月だから店を改装していたり、塗り替えたり工事中なところが多いのも、地元密着型っぽい。...

  •  2
  •  0

ウィーン・ゴミ焼却場(フンデルトヴァッサー)

ウィーンに到着後、友人宅へ向かう途中に目に留まったこのタワー。きっと何かシンボル的なものなのだろうと思っていたら、ゴミ焼却場だと言う。。でも、デザインしたのは、あの建物をデザインしたフンデルトヴァッサー。なるほどね。子供のお絵描きのような可愛らしい窓。中はどうなってるんだろう?!こちらは火力発電所いいなぁ旧市街からは地下鉄U4でSpittelau下車かトラムD線でLiechtenwerder Pl. か Spittelau下車Wien Energi...

  •  0
  •  0

ウィーン・夕方散歩 2

地下鉄には冷房が付いている(なしもあるけど)事を発見し、とにかく地下鉄で移動を心がけたりしています。。夕方からでかけましたエンゲル薬局16世紀に開業したウィーン最古の薬局あまりの綺麗さに遠くから、近くから、そして通る度に何度でも見上げてしまう。綺麗だな。。暑いと気づかない綺麗な装飾を施した スーパー(右)と回廊のような時計。アンカー時計という仕掛け時計ならしい。このスーパー・MERKUR (Hoher Markt)は、とて...

  •  2
  •  0

ウィーン・Judenplatz Holocaust Memorial

ヨーロッパへ移住してから、詳しく知りたいと思うようになったもののひとつがユダヤ人について。パリ、ローマ、ベルリン、アムステルダムのユダヤ人街や博物館やモニュメントを訪れたりそして強制収容所に送られて亡くなった人達が住んでいた家に印された名前、年齢、収容された日と亡くなった日が刻まれている金色のプレートを見るたびにいつも 考えさせられる。ウィーンにもユダヤ人街、シナゴーク、博物館と、この犠牲者を奉る...

  •  0
  •  0

ウィーンの日曜日

日曜日は、お土産屋しか開いていない。パン屋もスーパーも然り。それなら プラターの観覧車を見に行こう。私は知らなかったのだけれど、ウィーンと言ったら、La Noria de Viena(ウィーンの観覧車)、とSalchicha de Viena(ウィーンのソーセージ) だと言う。世界最古の観覧車だそう。へー そうなんだ。。でも もっとノスタルジックな雰囲気を期待&想像していたらしい。日曜だけどガラガラ。ヨーロッパでは遊園地系は夜のもの。でも最...

  •  2
  •  0