FC2ブログ

mis favoritos

Welcome to my blog

Category魚介料理 1/4

アンチョアス エン アドボ

anchoas en adoboカンタブリアのアンチョア(片口鰯)をまた買ってきました。今回はマリネ(エン アドボ)してからフライに♪(1皿分)+ + + + + + + + + +材料:片口鰯15匹(250〜350g)オリーブオイル、小麦粉   マリネ液→ニンニク2片、塩少々、パプリカ粉(甘口)小さじ1/2、オレガノ小さじ1、        クミン少々、ワインビネガー50ml、冷水100ml、手順:①片口鰯の頭、骨、内臓を取り開く   ②器に微塵切りにした...

  •  2
  •  0

バカラオ コン トマテ

Bacalao con tomate バカラオ コン トマテ聖週間に食べる代表的なスペイン料理。鱈を揚げて、トマトソースと食べる。 という とてもシンプルなもので、鱈とトマトが大好きなスペイン人の大好物 (((o(*゚▽゚*)o)))バルなどではこんな風に、お皿に鱈ともったりめのトマトソースがかかって、これをフォークと、反対の手にはちぎったパンをもって、ソースをすくいながら食べます。↑この大きさ・厚みの鱈だと、、4-5ユーロはするだ...

  •  4
  •  0

アンチョアのはさみ揚げ

「片口鰯」と 呼んでいますが、、スペインでは、アンチョア anchoa と 呼ばれる、カンタブリアの海で取れるものと、それ以外は ボケロン boquerón と 呼ばれ、 呼び名だけでなく、種類も違うのです。これは アンチョア。 アンチョアは背中が黒っぽく、目が大きく、体も大きく、そして味が濃い。このアンチョアが、いわゆる、アンチョビ(塩漬け)になるのです。この日のアンチョアも脂がのっていて、ツルツルして、捌くの...

  •  4
  •  0

サルモネテ ア ラ プランチャ(ヒメジ)

salmonete サルモネテ ヒメジ は こちらではメジャーで人気の魚のひとつ。毎日魚売り場で売っている魚ではなくて、少しだけ仕入れたよ、という風に、そして日本ではそうではないらしいけれど、こちらでは高級魚なのでそんなに大量には売っていない魚。高級魚といっても、10ユーロ前後/キロ。それでも、サーモン、鱈、鯛が7ユーロ前後/キロ、マグロが12ユーロ前後/キロなのでまあまあの値段。鮮度がよかったし、そして他にめ...

  •  4
  •  -

鯵のエスカベチェ

珍しく、小さめの鯵が売っていました。小鯵よりは大きめで、でも、鯵の干物にするには小さめな、ちょっと中途半端な大きさの鯵。。小鯵だったら丸ごと唐揚げにして南蛮漬けにしたいところだけれど骨ごと食べるにはちょっと大きいかなぁ・・ オーブン焼きやプランチャには小さいし。。12匹 全部料理するには・・まず エスカベチェにしよう。(1皿分)+ + + + + + + + + + + 材料:鯵(小〜中)6匹、水、ローレル2枚、ニンニク2片...

  •  2
  •  0

鰯の香草パン粉焼き

日本も感染者と死者の増加が止まりませんが・・中国でも感染者と死者が出ているというニュース。。春節もあるし・・ これはかなり悪いニュース。。美味しいものでも食べて元気ださないとね。寒くて外に出ていないので、絶対にビタミンD不足だし。美味しそうな鰯が売っていたので買って帰りました 🐟夕飯は、鰯の香草パン粉焼きに。今日の鰯は小さめで鮮度はとてもよかったのだけども脂がのっていなかった。きっとそういう時期なん...

  •  2
  •  0

ガンボンとランゴスティノ

スペインのクリスマスはシーフード。もちろん、羊や上等な牛、肉もだけれど、海老は必ずどの家の食卓にものぼります。これは ガンボン。 わかりにくいけれど、長さが20cmぐらいのまあまあ大きめの海老。粗塩を振り、オリーブオイルを敷いた鉄板で強火で焼くだけ。海老は火を通しすぎず、生すぎず、程よくジューシーに、この日はとてもうまく焼けた☆これはランゴスティノ。塩茹でしたものが売っていて、家に帰ったら軽くすすいで...

  •  6
  •  0

クロケッタ デ マリスコ

クロケッタ croqueta は 日本で言うコロッケのこと。いろいろ種類はあるけれど、我が家では、義祖母から教わったバカラオ(鱈)入り(レシピ→☆)や、コシドのあとの残りの野菜と肉を使うもの(レシピ→☆)、あと、このシーフード入りが定番☆スペインではクリスマスはマリスコ(シーフード)を食べるのでコロッケもマリスコを。マリスコはエビやカニや貝類なんかを指すのだけれど、我が家では家にある魚介類なんでもありで作りま...

  •  2
  •  0

メヒジョネス アル ヴァポール

ムール貝を1kg買ってきました♪ムール貝はしっかりしたスポンジでゴシゴシ汚れをとってくっついているものを取れたらとって、あとは出ているヒゲもチョキンと切って、と すぐには食べられない(綺麗なものも売っているのかも)けれど、そのあとは1kg 食べ放題 頑張ってしまう。ムール貝は酒蒸しで。ニンニクやオイルをいれたり、パプリカパウダーをいれたり、色々な美味しいレシピがあるけれど、一番シンプルなのがこれ・・レシ...

  •  4
  •  0

カラマレス エン サルサ アメリカーナ

calamar カラマル は ヤリイカやスルメイカのことスペインのイカは柔らかくて美味しいです。ただ、炒めるだけでも美味しいし、フライも美味しいし、そしてサルサ(ソース)入りも絶品なのです☆(1皿分)+ + + + +材料:小さめのイカ10杯、   ソース:ニンニク1片、玉ねぎ中半分、トマト中2個、水200ml、白ワイン100ml、   ブランデー大さじ1、塩胡椒砂糖、オリーブオイル大さじ1、唐辛子小1、ローレル1枚、小麦粉小さじ1手...

  •  2
  •  0

鱈のローストパプリカ詰め

正式名は Pimientos del piquillo rellenos de bacalao鱈と玉葱を炒め、小麦粉と牛乳でとろみをつけたものをパプリカに詰めたもの、で、色々レシピも食べ方もあるけれどこれはソースをかけてオーブンで温める、温かい食べ物。ピミエント(ス) デル ピキジョ は 小さめの肉厚の甘みのある赤ピーマン。piquillo は pico (ピコ・くちばし)→ piquillo(ピキジョ・小さなくちばし)という意味で、このピーマンの形がくちばしに...

  •  2
  •  0

メロ ア ラ プランチャ(カジキマグロのグリル)

魚が食べたーい!! と 思うのだけれど、今回の買い出しでは、パックになっている魚と冷凍物で我慢することに。。スペインでは魚は、魚屋でもスーパーでも、鮮魚コーナーがあって、魚がどっさりおいてあるのを客が選んで、それを捌いてもらったりする量り売りシステム。鮮魚が置いてあるテーブルというか台の、ギリギリまで近づいて皆物色するのです。。さすがにこのコロナ騒動で、それは危険ということで1mほどのところにテープ...

  •  4
  •  0

ベルギー風ムール貝のワイン蒸し

美味しいムール貝を初めて食べたのは、もう随分昔のことで母とベルギーを訪れた時。一人分が大きな鍋に入って出てきて、そこにフライドポテトが山のようについてきて、これをどうやって食べるんだ? と 周りを見回すと、ムール貝の殻(空の)で、新たなムール貝の実をトングでやるように掴んでパクッと食べている人がいて、あれは カルチャーショックというか 知らないこと沢山あるなぁと・・セロリと玉葱と、そしてバターの風...

  •  2
  •  0

カラマレス ア ラ プランチャ

calamar カラマル(複数形 calamares カラマレス)は イカのこと。最近よく見かけるのが この小さめのイカ。蛍烏賊ではなくて、ちょっと検索してみたら似ていたのが、ジンドウイカ・ヒイカ。スペインのイカは柔らかくてとても美味しいのですがこれも例に漏れず☆ 火を通しても固くならず、ふわふわ♡(1皿分)+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + +材料:小さめのイカ10杯、オリーブオイル大さじ2、ニンニク1片、イタリアンパ...

  •  2
  •  0

メルルーサ アル オルノ

merluza al horno メルルーサのオーブン焼き半匹で1kgもしたメルルーサ。。更に半身を夕食で、そして半身は冷凍庫へ。冷凍庫のものを減らそう減らそうと心がけているのに・・大きな魚は二人では食べきれないので、どうしても冷凍になってしまう。。メルルーサの大きな頭も半分もらって、これは茹でて、汁はカルド(フメッ)に。(これも冷凍庫へ)そしてアラからでた身は、ポテサラにいれました。でもね、やっぱり、生のメルルー...

  •  0
  •  0

プルポ エン サルサ

スペインの蛸は美味しいです 🐙早めにスーパーの鮮魚コーナーに行くと、市場から直送だという 小さな生蛸が売っていました。小さいので・・煮込み料理に向いているというので ソース煮に♪(タパ1皿分)+ + + + +材料:蛸(↑は小さな蛸5杯)200g(茹でた後の重量)、玉ねぎ半分、ニンニク1片、ローレル1枚   オリーブオイル大さじ1、塩胡椒、白ワイン大さじ2、魚介スープ300ml(水でも)、小麦粉大さじ1手順:①蛸を塩もみし汚...

  •  0
  •  0

鰯のマリネ

鰯が旬なのか、とても美味しい鰯が出回っています。オーブン焼きをすることが多いのですが、マリネにもします。+ + + + + + + + +材料:鰯、塩、ワインビネガー、オリーブオイル、砂糖、トマト、胡椒、パセリやアサツキ手順:①3枚におろし皮をむいた鰯に塩をふり少し置き、ペーパータオルで塩と水分を拭き取り、    容器に鰯の3分の1ぐらい浸かる程度のビネガーを入れ、砂糖とオリーブオイルをほんの少し加え    鰯をマリ...

  •  2
  •  0

鰹の具沢山スープ(マルミタコ)

今日の最高気温は27度・・ でも 寒かった。。太陽が出ると気温が上がるのだけれど、冷たい風が吹いたり、雨が激しく降ったり、、気温が上がったのは一瞬だったような。。でも、魚を買うにはいい気候になってきました🐟今朝は、旬の鰹を。 鰹はボニート(bonito)。寒かったので、これを作るために鰹を買ったのでした。マルミタコ Marmitako はバスク地方の郷土料理。(レシピ→☆)このレシピ↑に少し手を加えたので、追記します(...

  •  2
  •  0

バカラオ ア ラ ビスカイナ

Bacalao a la vizcaína バカラオ ア ラ ビスカイナ はバスク地方を構成する3つの県の1つ、ビスカヤ県(Vizcaya・Bizkaia)の郷土料理。濃厚な味付けで知られるバスク地方の代表的な料理のひとつ。↑ちょっと写真はいまいちですが(鱈がくずれてしまった・・)・・でも、とても美味しくできました。(*^_^*)(2人分)+ + + + + + + 材料:鱈4切れ(300gほど)、玉葱1個、ニンニク2片、トマト小1個(100gほど)   パン(食パン...

  •  2
  •  0

エビのアヒージョのせマッシュルーム

champi con gambas al ajillo チャンピ コン ガンバス アル アヒージョチャンピは チャンピニョン champiñon  マッシュルームのこと。これを初めて食べたのは、確か、ワインの産地リオハのログローニョで。ログローニョは勿論ワインの街で、バルがひしめき合う通りにはカニャ(グラスビール)ではなくて、小さなグラスに入った赤ワインを飲む人たちで溢れていた。。そして、目に付いたのが、焼いたマッシュルームにエビが...

  •  4
  •  0