mis favoritos

CATEGORY PAGE

category: マドリッド  1/4

Museo Sorolla

ずっと行きたかった、チャンベリ地区にある、ソロージャ美術館。ホアキン・ソロージャ(ソローリャ)はバレンシア出身の画家(1863ー1923年)。彼が晩年、アトリエ兼住居として使っていた邸宅が美術館になっています。門から入ると、すぐに広がるアンダルシア風の庭。水の音がとても心地よく、ここがマドリッドなのかと疑ってしまうほど・・ソロージャは、スペインの印象主義、と言われる、光を描いた画家で、スペインで人気の、そ...

  •  2
  •  0

チャンベリのバル巡り 3(EL DOBLE ・SYLKAR)

更に続き・・このポンサノ通りは、大通りではなくて、細い通りなのだけれど、とにかく、バルやレストランが隣り合わせにひしめき合っている通り。。こういう通り 大好き☆ 入るのに並んでいる有名店もあったり、どこもとてもいい感じ。でも、この日は、この通りの有名どころへ。。名前を知らなくても、きっとここだろうと思った、EL DOBLE。こういう雰囲気は、スペインの典型的な、人気店の風貌。。中はもちろんギューギュー。。...

  •  2
  •  0

チャンベリのバル巡り 2(FIDE)

続き・・目指したのは、ポンサノ通り(calle de Ponzano)。この通りには美味しいバルやレストランが多いという。ポンサノ通りの入り口にある、FIDE。もう、見るからに、絶対に美味しい雰囲気。そんなに広くないカウンターの中に4人ぐらいカマネロ達が、キビキビ動いている・・もう これは 絶対に 良いバル。周りを見渡すと・・まだスペイン人的には早い時間なのに、タパではなく、ラシオン(1皿)で、いくつも注文して食べてい...

  •  4
  •  0

チャンベリのバル巡り 1(BODEGA DE LA ARDOSA)

週末は日帰りでマドリッドへ・・用事を済ませ、、いつもならマラサニャ地区をフラフラするのだけれどこの日は、チャンベリ地区へ。チャンベリ地区は、セントロ(中心街)からは少し離れているけれどでも、セントロから近い、庶民的な地区。何度か美味しいものを求めて歩いたことはあるのだけれど、全くアウェイなので地理的にも、そして、どの通りを目指せばいいのかわからず、不発に終わっていた・・でも今回は、とりあえず有名店...

  •  2
  •  0

買い物いろいろ

ウエルタ通りをまっすぐ、マヨール広場方面へ進むとアトーチャ通りと交わる広場があります。ここにも劇場があって・・ 大きな蜘蛛が 風に揺られ ちょっと不気味だった・・今は、アダムスファミリーがやっているらしい。さらにまっすぐ行くとマヨール広場。広場から伸びるカレタス通りを行くと、ソル広場。カレタス通りには、ZARA、Bershka、Stradivarius、OyshoなどZARA系列の店がずらっと並んでいます。この日は ちょっとTige...

  •  2
  •  0

La Dolores と Cervantes

毎月第一土曜に、このラス・レトラス地区では、Mercado de Las Ranas(蛙市場)という催しがやっている・・はず・・なのに・・ あれ・・ やってないぞ。。この界隈は、レストランやバルも多いのですが、ビンテージの家具を扱う店やちょっとした雑貨を売っている店があったり、その催しがやっていると店のものを少しだけ通りに出したりして、ちょっと楽しい雰囲気になるのだけれど・・やってなかった。。ちょっとぶらぶらしてから...

  •  2
  •  0

Casa Alberto

1827年から続く老舗のレストラン、カサ・アルベルト。この建物に、ドン・キホーテの著者、セルバンテスが住んだことがあると言う。。ウエルタ通り(calle Huerta)にあります。レストランが有名ですが、入り口にはカウンターと、テーブル席があってタパをつまむことができます。まずは 冷たい カニャを・・ あー 美味しい。。 マドリッドのカニャは最高。無料のタパは、tajada de tocino タハダ デ トシノ(→☆)豚の脂身の...

  •  2
  •  0

Casa Museo Lope de Vega

セルバンテス通りにある、Casa Museo Lope de Vega(ロペ・デ・ベガ邸宅博物館)はロペ・デ・ベガが亡くなる(1635年)までの25年間を過ごした邸宅で建物が当時のままの形で残っているという、とても貴重な博物館。ロペ・デ・ベガ( 1562年11月25日 - 1635年8月27日)はスペインの劇作家、詩人。以前から参加してみたいと思っていたガイド付きのツアーに申し込み(無料)参加しました。中へ入ると、中庭では演劇をしている声が聞こ...

  •  2
  •  0

週末マドリッド

週末は日帰りでマドリッドへ行ってきました。行き始めると、連続してしまうのです。。夏のマドリッドは暑すぎて歩けないので・・秋になると 急に通ってしまう マドリッド。グランビアを横切り・・・アルカラ通りを横切り、Teatro de la Zarzuela(サルスエラ劇場)の前を通る。サルスエラ( zarzuela)は、オペラの一種。スペインのスペイン語のオペラ音楽。サルスエラ(専用)の劇場は、スペインでもこのマドリッドにある劇場の...

  •  2
  •  0

ハモンとエンパナダはここ

あっという間に夕方になってしまう。折角セントロ(中心街)に来たので、買い物も。もちろん 食べ物。。ハモンはここ。(→☆)Museo del Jamón で 売っているハモンはとても美味しい。イベリコもいいけれど、ハモン・セラノをいつも買って帰ります。ハモン・セラノも、産地があって、産地によって味が少しずつ違うのとこういうのはなかなか普通のスーパーや、田舎町では売っていない。。この日も、グラナダ(アルプハラ)、エス...

  •  2
  •  0

マドリッド・マヨール広場400周年

これを見に行ったのです。今年で マドリッドのマヨール広場は 400周年☆400周年を記念して、イベントや、週ごとに アーティスト達によるデコレーションやイルミネーションがあるそうで今週は 芝生。マヨール広場中心から丸型に芝生が植えられた・・ というのでどうしても 見てみたく 出かけたのでした。わかりにくいけれど パノラマバージョンいいなぁぁ 芝生。ずっと 芝生にすればいいのにな〜〜〜芝生じゃなければ座る...

  •  2
  •  0

Los 4 Robles

マラサニャ地区を抜け、カジャオ広場に出て、ソル広場方面へ向かう。いつもいくバルへの通り道にある、ここもよく行くバル。久々に入ってみることに。ここは、清潔で、スタッフがキビキビしていて、カニャ(グラスワイン)がとても美味しく、そして一緒についてくるタパも美味しい♡この日のタパはいつくかあるなかから パエージャを選ぶ。 美味しい。以前はこの近くのホテルによく泊まったので、ここで朝食をとったり、昼も夜も...

  •  2
  •  0

週末のマドリッド

週末は日帰りでマドリッドまで・・用事があったのと・・あるものを見に・・まずは 朝の カフェコンレチェから。。マドリッドの、年齢を問わず、とてもお洒落で今風な人たちが行き交うのを窓越しに見るのはとても楽しい。こんな信号機も。マラサニャ地区の土曜の朝は、のんびりしていて、朝方まで賑わっていた、その 余韻みたいなものと今日も1日始まるぞーという 活気が 心地良い。Calle Corredera Alta de San Pablo は マ...

  •  2
  •  0

7月のMadrid

用事があってマドリッドに行ってきました。。最高気温は27度。 例年だとこの時期は35度前後なので、快適。。特に、マドリッドの夏は暑い。。 車を停めて・・用事を済ませる前に・・ ちょっと肌寒かったのでカフェオレを。。ここは・・少し前まで、古い、トラディショナルな、定食を出すレストランで、安く食べられるのが有名で、いつか行きたいと思っていたのについつい、もっとおしゃれだったり、流行りのバルやレストランに行...

  •  2
  •  0

ESTADIO VICENTE CALDERÓN

ずっと行ってみたかった ESTADIO VICENTE CALDERÓN ヴィセンテ・カルデロン・スタジアム。アトレティコ マドリッドのスタジアムです。先週終わったスペインリーグの試合を最後に、次のシーズンからは新しいスタジアムへ場所を移します。先週末の日曜は公式試合ではなく、アトレティコの現役+OBや、アトレティコと戦ったことのある他チームの選手たちの試合があり、それがこのスタジアムで最後のサッカーの試合になるので行って...

  •  0
  •  0

ある日曜のマドリッド

昨日の続き・・日曜のマドリッドはとても静か・・セントロ(街の中心街)は観光客が朝から観光をしたり店もレストランやバルも通常通りだけれども、、 少し離れると、朝方まで盛り上がったであろう空気が漂うけれど・・とても静か。。マラサニャ地区で、店のシャッターに絵を描くコンクールがあったのですが見たことがなかったのです。。 でも 日曜なので・・ やっとみることが出来ました。店が閉まっている日曜もこれなら楽し...

  •  0
  •  0

Centro Cultural Conde Duque

マドリッドの続き・・用事とはここへ来ること。コンデ・デューケ・カルチャーセンター。ここでやってる催し物へ・・大きな建物の中庭で・・ビンテージの蚤の市。こんなところでやるなんて・・ すごい。あ・・やっぱり・・ 服中心か・・・スペインでもビンテージは流行っているのですが、服が中心。マドリッドのマラサニャ地区などでは、それはそれはとてもお洒落に着こなしているそういうモデルのような人達が沢山歩いています。...

  •  0
  •  0

MAMÁ FRAMBOISE

先週末も用事があってマドリッドに行ってきました。クエンカから車で150km、1時間半ほどで着きます。遅めの朝食から。。ここは、最近流行ってるというか・・ マドリッドに何店舗か出店しているお菓子屋さん。因みにスペイン語で フランボワーズは frambuesa フランブエサ。お菓子類には詳しくないのであれですが・・いつも混んでいます。日曜は10時オープンで、ちょうど10時に店の前を歩いていたので、オープンと一緒に入りま...

  •  2
  •  0

Calle San Joaquin

更にマドリッドの続き・・お昼はいつも行くバルで食べて・・そのあと、行ってみたかったところへ。。マラサニャ地区にあるPl de San Ildefonso(サン・イルデフォンソ広場)はテラスと人でいつもいっぱい。この広場からフエンカラル通りへ延びる道、サン・ホアキン通り(call San Joaquin)に入るとすぐのところにある、小さな小さなコーヒー屋。ここのコーヒーが美味しいと言うのです。店に入ると、カウンターと、小さな椅子がい...

  •  2
  •  0

Baco y Beto

マドリッドで 食べたランチが・・ どうしても 美味しかったので・・マドリッドに行く時は、タパのハシゴをしたり、新しいバルやレストランを発掘したり、食べることが目的だったりするのですが、用事があったり、時間が押している時、そして、お腹が空いてしっかり食べたい時は、もう10年以上通っている、ここ、Baco y Betoへ、食べに行くのです。オーナーは中南米出身で、美味しいあちらの料理と、スペイン料理を食べることが...

  •  4
  •  0