mis favoritos

CATEGORY PAGE

category: マドリッド  1/5

Baco y Beto

マラサニャ地区から隣のチュエカ地区へ・・・ カウンター席に座れるかな〜〜 と 中へ入るとちょうど2席空いていた☆このバルは普段は夜しかあけないバルなのだけれども 土曜のみ昼は本日のプレートがあって これがいつも予想ができないような味付けだったりして・・とぉーっても美味しいのです☆この日のプレートは・・ キッシュのような、野菜のパステル。パイ生地なしで、ジャガイモ、ズッキーニ、アスパラ、ポロ葱などなど...

  •  2
  •  0

Bodega de La Ardosa

やっと用事を済ませて・・もう2時だ・・ さー タパでもちょっとつまもう とマラサニャ地区をブラブラ。。雨が降ったり止んだり・・ でも やっぱりマラサニャ地区は混んでいる。 ^^このバルは80年代のマドリッドのモビダmovidaのシンボル的なバル、今も夜から営業中。あ。 標識が・・・ 檻の中に ライオンやキリンがいる・・いつものバルへ・・中に入って・・もちろん中は動けないほどぎゅーぎゅーなので・・とりあえず辛...

  •  2
  •  0

El 2 de Sagasta Vinos

用事をすませる前に・・ちょっとだけ時間がある・・ ちょっと寄ろうか・・このバルも、もう10年ほど通っている。バルの名前は El 2 de Sagasta Vinos。 通りの名前がついている。19世紀、タベルナ(レストランよりも小さな食堂)と酒屋は、店に名前をつけることができず、そして、店は赤に塗るように、法律で定められていた。。。というのを初めて聞いた。中へ入ると・・  久しぶり〜 元気だった?? と 声がかかる。ここ...

  •  2
  •  0

LA DUQUESITA

雨が続いていたので先送りにしていた用事を済ませにマドリッドまで・・車を停めて・・まずは カフェコンレチェ(カフェオレ)を。 LA DUQUESITAは、100年以上続く老舗のお菓子屋さんが店を閉めて、そのあと、別のオーナーが引き継いだのです。そのオーナーは、スペインを代表するパステレロ(パティシエ)、Oriol Balaguer氏。私はそういう話には疎く、そして、有名どころは苦手・・なのですが・・でも、ここは、オーナーが変わ...

  •  2
  •  0

Luz de la Navidad

これが 見たかった。去年は見ることができなかったマドリッドのクリスマス。今年は、見ることができました。ずっと シートをかぶっていた市役所も綺麗になっていた。そして、この 人混み。。これが マドリッド。 これが スペイン。 な 気がします。人混みに押されて・・ ツリーを後に。。また 来年 来られますように。。グランビア大通りのイルミネーションも綺麗。マラサニャ地区に入ると、急に静かになる。フエンカラ...

  •  2
  •  0

Casa Labra

プエルタ デル ソル からすぐ。プレシアド通りをカジャオ広場に向かって、左側の2つあるEl Corte Inglésの間の道に入ると、行列があるのですぐわかります。午後は6時からなので、列があったけれど、普段から いつも行列のできる店。。何故なら・・ 勿論 有名だから。だけでなく、アルコールの注文と支払いは カウンターで行い・・食べ物(タパ)は、別会計。。タパと言っても、ここで有名なのは、鱈のフリット と コロッ...

  •  2
  •  0

El Ñeru と クリスマスマーケット

更に少しハシゴをして・・ いつも買うパン屋で、並んでパンを買い・・向かったのは、ここも毎回通っているバル、Ñeru。本当は一番最初に寄ろうと思っていたのに、バルの外までぎゅーぎゅーで全く隙間がなく入れなかったので最後に回したのです。。でも更に混んでいた・・地下が広めのレストランになっていて、レストランで食べる人がはけて、少しだけ隙間があったので・・とりあえず、身体の分だけは場所をキープ。。ちょうど3時...

  •  0
  •  0

Casa Ciriaco

マヨール通りに出て、少し行くと、赤い可愛らしいバルがある。ここは 私が好きなバル(レストラン)。店内に入ると2つのグループがちょこっと座ってタパをつまんでいた。。椅子やテーブルが少しだけ置いてあって、地味だけれど、この雰囲気が、好き。。壁に掛けてあるこの写真は、このレストランの前であった、爆弾テロの写真。1906年5月31日、当時のスペイン国王、アルフォンソ13世の挙式後のパレードの際、ある無政府主義者が、...

  •  2
  •  0

El Anciano Rey de los Vinos

王宮からカテドラルを右手に見ながら少し歩くとあるこのバル。何年ぶりだろう?! ここは、1909年から続く、マドリッドの老舗のバル。現国王夫妻も、マドリッドの街に繰り出すそうですが、、前国王も、よく繰り出していたとか。。 きっと ここにも来たんだろうなぁぁ・・ちょうど食事前のタパの時間帯だったので、とても混んでいた・・すごい活気のある バル。ベルムーと、そして、このバルの名前の付いたワインを。このワイン...

  •  2
  •  0

王宮のベレン

連休中 日帰りでマドリッドへ クリスマスを見に行ってきました🎄クリスマスの時期にマドリッドへ行くのは、スペイン人恒例。首都のクリスマスは やはり どの街よりも賑やかで その活気を味わいに 行くのです。プエルタ デル ソル puerta del sol の ツリー。 夜、イルミネーションが点灯するまで頑張るぞー。一年中混んでいるマドリッドのセントロ(中心街)。でも、この時期は、中心街の中心は、どの道も、初詣?のよ...

  •  2
  •  0

Museo Sorolla

ずっと行きたかった、チャンベリ地区にある、ソロージャ美術館。ホアキン・ソロージャ(ソローリャ)はバレンシア出身の画家(1863ー1923年)。彼が晩年、アトリエ兼住居として使っていた邸宅が美術館になっています。門から入ると、すぐに広がるアンダルシア風の庭。水の音がとても心地よく、ここがマドリッドなのかと疑ってしまうほど・・ソロージャは、スペインの印象主義、と言われる、光を描いた画家で、スペインで人気の、そ...

  •  2
  •  0

チャンベリのバル巡り 3(EL DOBLE ・SYLKAR)

更に続き・・このポンサノ通りは、大通りではなくて、細い通りなのだけれど、とにかく、バルやレストランが隣り合わせにひしめき合っている通り。。こういう通り 大好き☆ 入るのに並んでいる有名店もあったり、どこもとてもいい感じ。でも、この日は、この通りの有名どころへ。。名前を知らなくても、きっとここだろうと思った、EL DOBLE。こういう雰囲気は、スペインの典型的な、人気店の風貌。。中はもちろんギューギュー。。...

  •  2
  •  0

チャンベリのバル巡り 2(FIDE)

続き・・目指したのは、ポンサノ通り(calle de Ponzano)。この通りには美味しいバルやレストランが多いという。ポンサノ通りの入り口にある、FIDE。もう、見るからに、絶対に美味しい雰囲気。そんなに広くないカウンターの中に4人ぐらいカマネロ達が、キビキビ動いている・・もう これは 絶対に 良いバル。周りを見渡すと・・まだスペイン人的には早い時間なのに、タパではなく、ラシオン(1皿)で、いくつも注文して食べてい...

  •  4
  •  0

チャンベリのバル巡り 1(BODEGA DE LA ARDOSA)

週末は日帰りでマドリッドへ・・用事を済ませ、、いつもならマラサニャ地区をフラフラするのだけれどこの日は、チャンベリ地区へ。チャンベリ地区は、セントロ(中心街)からは少し離れているけれどでも、セントロから近い、庶民的な地区。何度か美味しいものを求めて歩いたことはあるのだけれど、全くアウェイなので地理的にも、そして、どの通りを目指せばいいのかわからず、不発に終わっていた・・でも今回は、とりあえず有名店...

  •  2
  •  0

買い物いろいろ

ウエルタ通りをまっすぐ、マヨール広場方面へ進むとアトーチャ通りと交わる広場があります。ここにも劇場があって・・ 大きな蜘蛛が 風に揺られ ちょっと不気味だった・・今は、アダムスファミリーがやっているらしい。さらにまっすぐ行くとマヨール広場。広場から伸びるカレタス通りを行くと、ソル広場。カレタス通りには、ZARA、Bershka、Stradivarius、OyshoなどZARA系列の店がずらっと並んでいます。この日は ちょっとTige...

  •  2
  •  0

La Dolores と Cervantes

毎月第一土曜に、このラス・レトラス地区では、Mercado de Las Ranas(蛙市場)という催しがやっている・・はず・・なのに・・ あれ・・ やってないぞ。。この界隈は、レストランやバルも多いのですが、ビンテージの家具を扱う店やちょっとした雑貨を売っている店があったり、その催しがやっていると店のものを少しだけ通りに出したりして、ちょっと楽しい雰囲気になるのだけれど・・やってなかった。。ちょっとぶらぶらしてから...

  •  2
  •  0

Casa Alberto

1827年から続く老舗のレストラン、カサ・アルベルト。この建物に、ドン・キホーテの著者、セルバンテスが住んだことがあると言う。。ウエルタ通り(calle Huerta)にあります。レストランが有名ですが、入り口にはカウンターと、テーブル席があってタパをつまむことができます。まずは 冷たい カニャを・・ あー 美味しい。。 マドリッドのカニャは最高。無料のタパは、tajada de tocino タハダ デ トシノ(→☆)豚の脂身の...

  •  2
  •  0

Casa Museo Lope de Vega

セルバンテス通りにある、Casa Museo Lope de Vega(ロペ・デ・ベガ邸宅博物館)はロペ・デ・ベガが亡くなる(1635年)までの25年間を過ごした邸宅で建物が当時のままの形で残っているという、とても貴重な博物館。ロペ・デ・ベガ( 1562年11月25日 - 1635年8月27日)はスペインの劇作家、詩人。以前から参加してみたいと思っていたガイド付きのツアーに申し込み(無料)参加しました。中へ入ると、中庭では演劇をしている声が聞こ...

  •  2
  •  0

週末マドリッド

週末は日帰りでマドリッドへ行ってきました。行き始めると、連続してしまうのです。。夏のマドリッドは暑すぎて歩けないので・・秋になると 急に通ってしまう マドリッド。グランビアを横切り・・・アルカラ通りを横切り、Teatro de la Zarzuela(サルスエラ劇場)の前を通る。サルスエラ( zarzuela)は、オペラの一種。スペインのスペイン語のオペラ音楽。サルスエラ(専用)の劇場は、スペインでもこのマドリッドにある劇場の...

  •  2
  •  0

ハモンとエンパナダはここ

あっという間に夕方になってしまう。折角セントロ(中心街)に来たので、買い物も。もちろん 食べ物。。ハモンはここ。(→☆)Museo del Jamón で 売っているハモンはとても美味しい。イベリコもいいけれど、ハモン・セラノをいつも買って帰ります。ハモン・セラノも、産地があって、産地によって味が少しずつ違うのとこういうのはなかなか普通のスーパーや、田舎町では売っていない。。この日も、グラナダ(アルプハラ)、エス...

  •  2
  •  0