23 2017

パン コン トマテ

IMG_7944.jpg

週末の朝食には、パン コン トマテ(pan con tomate)。

+ + + + + + + + + +

材料:完熟トマト、オリーブオイル、粗塩、パン(トースト)
手順:横に半分に切ったトマトを、おろし器で摩り下ろし、
   トーストしたパンに塗って、その上に、粗塩、オリーブオイルをかける。

+ + + + + + + + + +

IMG_7945.jpg

パンは大きめの丸型パンをスライス か バゲッドを横にカットしたものを。

これに、オレンジジュースと、カフェ コン レチェ(カフェオレ) というのが
スペインの朝食セット。

トマトなしで、トーストにオリーブオイルと塩をふりかけるだけの人も多く、
バターの代わりと思えばいいのだけれど、最初はちょっと驚いたっけ。。

でも、オリーブオイルが美味しいから、その味だけで行けてしまう・・

IMG_8055_20170910204304bfa.jpg

因みに、我が家のすりおろし器は これ。
ガラス製で、リスボンの蚤の市で買った時に、
売っているおばあさんが、アンティークアンティーク と 連発してたのだけど
本当かしら? 

でもとってもうまくすりおろせるんです。。

ポイントは、トマトは横に半分に切ること。
あと、水気のそんなに多くないトマトを選ぶこと。

是非お試しあれ♪

+ + + + + + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

22 2017

クエンカ・牛追い祭り 2017

IMG_8252.jpg

クエンカの牛追い祭り、SAN MATEO。
4日間の祭りの最終日にやっと行ってきました・・

最終日だけ、昼にも牛追いがあるのです。
今年は平日の昼なので人も少なく、とっても、狙い目。

旧市街に入ると・・ 聞こえてきた聞こえてきた・・
カテドラル脇の広場に出ると、ヒガンテス(Gigantes・巨人)が歩いていた🎶

IMG_8253.jpg

マヨール広場の外側の柵に場所を取り、牛追い(バキージャ・vaquilla)が 始まる前に
ちょっと腹ごしらえ。 そして 皆で、まだかまだかと 待っていると・・

IMG_8258.jpg

市役所の窓から牛を放す合図の花火が打ち上がった。。

牛はマヨール広場の更に下の、その奥の方の専用の建物の中にいて、
そこから飛び出してくるのです。

でも、牛より先に、人が、ざざざっと 動くので、牛が近づくのがわかる。

来た来た。 

IMG_8264_20170921213359709.jpg

牛は太い綱に繋がれていてそれをプロの牛使いが2人である程度コントロールする、
というのがクエンカの牛追い。 

だから カテドラルの階段には柵はないけれど、牛は人を刺したりはしない。。
でも 牛がギリギリまで人に接近するので、ちょっと周りは盛り上がったり。^^

IMG_8265_2017092121340199d.jpg

勇敢な若者たちが果敢に闘牛に挑む。

IMG_8275.jpg

牛はマヨール広場から市役所のあるアーチをくぐり坂を下っていく・・

IMG_8268.jpg

そしてまたマヨール広場へ戻って来る。

一通り走ると その牛はしまわれ、違う牛が出てくる。というのを数回繰り返す。。

IMG_8271.jpg

パンプローナに比べたら 迫力はないけれど
でも、牛が接近してくると 迫力満点。

世界遺産の町を、牛と人が走る。

IMG_8278.jpg

さっき登ってきた、カテドラル脇の広場の、
イスラムからクエンカを取り返した、アルフォンソ8世の像がちびっ子達に
囲まれてしまうのも このお祭りの風景のひとつ・・

牛追いが中断する休み時間は、皆、場所を移動したり、
屋台やバルで飲み物や食べ物を調達。。

IMG_8279.jpg

そして また 牛を放つ合図の花火がボンと打ち上げられ、
人が柵の内側にさっと逃げ込むやいなや・・

牛が・・

IMG_8280.jpg

マヨール広場へ続く坂を登っていく・・

牛がいなくなると、ビールを飲んだりして、牛が帰ってくるのを待つ。。

ビールを飲んでいたら、隣が知り合いだったり。
昔は牛追っかけたけどね。 今はこっちだね。と ビールとお腹を指差す知り合い達。^_-☆ 
 
今年も そんな 長閑な クエンカの牛追い祭り でした。

去年の牛追い祭り→123

+ + + + + + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
21 2017

葡萄パン

IMG_8231.jpg

Harinosas アリノサス という 
ラマンチャ地方のグアダラハラ県のパン。

ちょっと大きめで、どっしり重いパン。

IMG_8232.jpg

ナイフを入れると・・・ 葡萄が。。

干し葡萄ではなく、生の葡萄が入っている。
年中売っているのだけれど、今、この、ベンディミア(収穫)の季節のものが
一番美味しいのです。

IMG_8243.jpg

葡萄は砂糖で煮たりしてるのではなくて、
アニスが入ったパン生地に、この小さな葡萄に小麦粉と砂糖を絡ませ、
生地を上からかぶせ、閉じて、オーブンで焼く。

だから、パン生地の中で、葡萄のオーブン焼きになっているという仕組み。。

だから、とても葡萄がジューシー☆

9月は葡萄の収穫期。
高速ではなくて、村と村、町と村をつなぐ、一本道の国道は、
収穫帰りのトラックが葡萄を落としながら走っていきます。。

今の若者はしないけれど、ほんの数十年前は、皆これでお小遣い稼ぎをしたそうです。
地を這うように枝を伸ばすラマンチャの葡萄の収穫は、とても重労働。。
泊まり込みで朝から夕方まで、ひたすら収穫だったとか。。

でも ワインの国だからね。 
むしろそれを知らないほうが、寂しい気も。。

これぞ本当の葡萄パン。 ^^

今年もとても美味しかったです。

+ + + + + + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
20 2017

アオサたっぷりつみれ汁

IMG_8172.jpg

もうすっかり温かい汁物が美味しい季節。

冷凍してある鰺の大きめのつみれを、3〜4個、そして、
実家の母がもたせてくれた、乾燥あおさを、それそれはどっさり。
ネギと、ついでにワカメも入れて、海藻を沢山食べる、つみれ汁。

大きなお椀になみなみよそい
はふはふ言いながら つみれを食べる。 

美味しい〜〜 

あと、このつみれをおじやにするのも好きです。
大根や人参、長葱、ワカメ、揃うものを入れて、つみれ汁を作り、
そこに白米を加えぐつぐつ火にかけ、最後に卵でとじる。

想像したら食べたくなった・・

でも、大根がないので、大根をみつけるまで我慢しよう。

🏃🐃🏃🏃🏃

クエンカの牛追い祭りが始まっているのに・・
風邪気味で自宅待機。。 (私の定番・・)

牛追いは毎日夕方の5時頃から8時頃までやるのです。
でも今年はちょっと寒いので、夕方の旧市街はもっと寒い。。
なので 大事をとって 自宅待機。。
明日は行けるかなぁ。。 

+ + + + + + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
19 2017

南瓜のふわふわビスコッチョ

IMG_8031.jpg

いつも焼くビスコッチョよりも、ふわふわなビスコッチョ。

アーモンドプードル入りで、卵白を別に泡立て、そして、オイルが入っていないので
食感も、風味も、味も、いつも焼くのとは全く違うのですが、
スペインのパン菓子には この手のものも多いのです。

ふわふわ で アーモンドと卵白の味。 とてもスペイン的なお菓子。

これは南瓜入り。 南瓜は本当はオーブンでローストしたほうが甘みがでます。

(20cm型)+ + + + + + +

材料:薄力粉50g、アーモンドプードル100g、ベーキングパウダー6g、
   卵4個(卵黄と卵白に分ける)、南瓜250g、砂糖150g、レモン1/2個(皮をすりおろす)、塩
手順:①南瓜の皮をむき小さめに切り電子レンジに8分ほどかけ柔らかくしマッシュしておく
   ②ボールに砂糖と卵黄を入れ、しっかり混ぜ合わせる(電動泡立器で5分ほど)
   ③②に①→アーモンドプードル→薄力粉+ベーキングパウダー→レモンを加えよく混ぜる
   ④別のボールに卵白と塩を少し入れ、電動泡立器で角が立たせ、③に加え、
    なるべく泡が潰れないように全体をかき混ぜ、型に入れ、180度で30分ほど焼く

+ + + + + + + + + + + + + +

粉砂糖があったのでふりかけてみました。。

IMG_8037.jpg

油脂が全く入っていないお菓子。 素晴らしい。^^

年に何回もビスコッチョを焼くのに、実は、型を持っていないのです・・
蓋つきのプリン用の型にオーブンシートを張り巡らせ?ビスコッチョを焼いています。。
だから、見た目が、ちょっと・・ ^^;

買えばいいのだけれど。 どれを買っていいのかわからないまま・・10年以上・・
今度、探してみよっかな。

と 思うのに 焼きあがるとすっかり忘れてしまう。。 ^^;

ふわふわのビスコッチョ。 
ふわふわなのでなんとなく食べた気がしなく2倍食べてしまい
あっという間になくなってしまったのでした。。

(普通のビスコッチョに比べると日持ちがしないようなので早めに食べきるのがベスト。)

クエンカの牛追い祭りが始まりました〜🏃🐃🏃🏃🏃

+ + + + + + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
18 2017

チキンライス

IMG_8120.jpg

夏休み、パリでは、アジアの料理が 選り取り見取り しかも リーズナブルで
明日は何食べようかなぁぁ と 嬉しい悩みを抱えていたのに・・

勿論それは、アジアの食べ物だけではなくて、もう、全部、全体的に
パリにはなんでもあったなぁぁ と 痛感する 毎日。。

いいなー 大都会。 
マドリッドでも、あそこまでは ない。
あるものの種類が違う。。

無い物ねだりをしても 仕方がないので、
パリで食べたものを、舌を頼りに再現したり、
美味しそうなレシピをメモって作ったり、
毎日色々 やっています。

この日は チキンライスを。
これはたまに作るのです。

アジアの調味料はほとんど持っていないので、
ソースはかなり適当ですが、お酢やレモンを使えばなんとなくあっちの味に。

あー 美味しい。 アジア。 最高☆

アジア 大好きなんです。
仕事をしていたこともあり、旅行でも訪れたり、
食べ物も、そして、飲み物(お酒)も 好き。

今はちょっと遠いアジア。 
また いつか行きたいな。

- - - 作り方メモ - - -
チキンライス:鶏肉を香味野菜と塩、生姜を入れ茹でる。
       といだ米をニンニクと生姜の微塵切りをごま油でさっと炒め、茹で汁で米を炊く。
付け合わせ:鶏肉、キュウリ+人参、ネギ
ソース:ビネガー、醤油、甜麺醤、レモン
- - - - - - - - - - - - - - -

🏀 🏀 🏀
EUROBASKET2017は大接戦の末 スロベニアが優勝しました。(vsセルビア)

スペインに来るまで知らなかったのですが、
ヨーロッパでは、(歴史的・平均的に)旧ユーゴスラビア勢、ロシア
そして スペイン、フランス、イタリア、ギリシャ が 強いんです。

バスケはどこ。ハンドボールはどこ。水球はどこ。サッカーはどこ。 と、
お互いを知り尽くした長いスポーツの歴史があるのも ヨーロッパのいいところかもしれません。。

スペインは3位でした。また2年後 頑張ろう☆

+ + + + + + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
17 2017

鰺丼

IMG_7938.jpg

いつも行く近所のスーパーの魚売り場では、
金曜と土曜は魚の種類が倍ぐらいになるのだけれど・・

だからと言って 張り切って 朝一番に行っても
魚は並んでいても値札がまだで売り子さんの数が少ない・・ので
10時ごろに到着するのがベスト。。

この日の目玉は4箱ぐらい出ている、片口鰯と小さな鱈。

私も片口鰯をフライ用に、そして、鮮度の良い鰺を3匹。
スペイン語で鰺は フレル Jurel。 ちょっと大きめの鰺。 

鰺は、そんなにスペイン料理では登場しない魚なのだけれど
たまに売っていて、鮮度が良い時は、必ず買ってしまうのです。

大きな鰺は3匹で1kgちょっとだった。。(重)

家へ帰り、片口鰯を開いてフライ用にレモンとニンニクでマリネし冷蔵庫へ。
鰺を開いて1匹は刺身にして、残りは、骨からも身をすくって叩いて、ツミレにして冷凍庫へ。

ふふふ。 これで ちょっと 鰺を楽しめる。

刺身にした鰺は・・やっぱり、丼になりました。
分厚く切って・・これでもかと鰺をのせて・・ 一瞬で 平らげました。 ^_^

⚽️ ⚽️ ⚽️
今日(土曜の夜)は アトレティコ・マドリッドの新スタジアムの初日で朝からイベントがあったり
そしてセレモニーがあって、そのあとは初試合、と アトレティコにとっては記念すべき1日でした。

50年の歴史を持つ、カルデロン(旧スタジアム)から、メトロポリタノ(新スタジアム)へ。。 
いつか行ってみたいな〜ぁ

始球式でボールを蹴るのは・・フェリペ国王 🇪🇸 なんじゃないか?
という噂もあったけれど・・ さすがにそれはなく・・
でも、フェリペ国王(アトレティコファン)も 観戦していました。 

因みに・・初戦は、無事にアトレティコの勝利!
新スタジアム、最初のゴールは アトレティコのアントワン・グリーズマン選手でした!

めでたしめでたし。(プレッシャーに弱いアトレティコが負けるんじゃないかと、みんな思っていた・・)

+ + + + + + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
16 2017

ガルバンソス ア ラ セルベサ

IMG_6577_20170726221036a12.jpg

今年の夏は、これをよく作りました。

garbanzos a la cerveza ビール風味のひよこ豆・・  

ビールを使うところがとても大きい。
ビールの風味というか酸味というか、香ばしさが、ほんのり口に広がって
でも、トマトの甘みとうまく調和して・・ 豆も摂れるし、ということで
何度も作りました。^^

早めに作って、冷まして、冷蔵庫で冷やして、食べるときに出す。
次の日はさらに味がしみて美味しい☆

もちろん、温かいままでも 美味しいです。

(1皿分)+ + + + + + + +

材料:乾燥ひよこ豆3掴み分、玉ねぎ中半分、トマト中2個、ニンニク1片、パセリ、ビール100ml、水
   塩胡椒、オリーブオイル大さじ1、香味野菜(セロリ、ポロ葱、ローレル)
手順:①前の晩から水に戻したひよこ豆を鍋に入れ、ひたひたより少し多めの水、塩、香味野菜
    を入れて柔役なるまでゆでる。(茹で汁は捨てない)
   ②ニンニク半分とパセリをみじん切りにし、つぶしておく
   ③フライパンにオイルを熱し、微塵切りにした玉ねぎとニンニク半分を炒め、
    粗みじんにしたトマトを加えさらに炒める。
   ④ペースト状になってきたら、①のローレルとひよこ豆、②、ビールと
    具が隠れるぐらいの茹で汁を加え煮詰める

+ + + + + + + + + + + + +

IMG_8102.jpg
ニンニクとパセリの微塵切りをさらに潰しておく。これがポイント。

豆料理では、2掴みが一皿分、と、いうのが、スペイン流なのです。。
でも、気持ち多めに、という時は、3掴み。。 

この料理は、一皿を一人で食べる。というよりも、
シェアして、つまむ料理なので、3掴みにしました。

豆とお米は、2掴みが一皿分。(乾燥した状態の2掴み分)

なので・・私もそうなんですが・・こちらでは、米や豆の分量を量っている時、
10人分だから、1・・2・・3・・4・・5・・ と、やっている時に、
話しかけたりすると、とても 怒られます。。 
わからなくなって、また最初からやり直したり・・というのは、お決まりの風景・・

結局、多めだったら いいよね。 と 多めに作るのも 決まり。

以前、イタリアのB&Bに泊まった時に、宿のオーナーである
セニョーラが リゾットを作ってくれたのです。

その時も、スペインと全く同じで、お米を手で掴んで、2掴みが一皿分、と
やっていました。 

イタリアとスペインでは、軽量中は話しかけないように・・。 ^_-

+ + + + + + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
15 2017

夏を惜しんで・・

IMG_7877.jpg

あぁ。。 負けてしまった。。(EUROBASKET セミファイナル・・)
負けていても最後まで観ようと思ったのに、やっぱりできずにテレビを消してしまった。。
仕方がないけれど、とても 残念・・  T_T

🏀 🏀 🏀

昨日は最高気温30度、でも明日は20度。。という感じの
スペインの秋。

30度でも朝晩はしっかり冷えるので、日中もそんなに室内の気温は上がらず、
そして20度でも日中太陽が照りつけるので、そんなに室内の気温も下がらず、
一年で一番快適な季節・・

まだまだ 八百屋には秋のものは 見当たらず・・
美味しい葡萄がではじめたぐらい。
まだ 美味しい桃系のものが並んでいます。

でも 桃も もうすぐ終わっちゃうんだろうなぁ・・

ブロッコリー、フレッシュチーズ、ピーチ、オレガノ、オリーブオイル、塩胡椒

IMG_7897.jpg

これが食べ納めかな・・
トマトとバジルとニンニクの冷製パスタ。

ボールにニンニクとバジルの微塵切りとオイルを入れよく潰しておき、
そこに皮をむいて小さめに切ったトマト、塩胡椒を加え冷蔵庫で冷やしておく。
食べる30分ほど前に、細めのパスタをアルデンテに茹で、水で冷やし、ボールに加え
また冷蔵庫でよく冷やす。

パスタは、一番細いパスタです。
これが冷製パスタにはぴったりな気がします。

夏を惜しみつつも・・ 
早くキノコでないかなぁ・・と 八百屋を覗いてしまう そんな9月。

+ + + + + + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
14 2017

パリの美味しかったもの

IMG_7491_201708251605257aa.jpg

初挑戦で美味しかったモノをいくつか・・

前から気になっていたベトナム料理屋さん。
人気店なので・・ なんとなく 行きそびれてしまっていたのです。。

IMG_7489.jpg

入ったはいいけれど、何を注文すべきか全く分からず・・
フォーは汗かきそうだし・・ ボブンにしよう。

ボブンはアパートの近くのカンボジア料理屋で何回か食べたことがあるのだけれど
唸るほどではなくて、そういう食べ物なのかなぁ・・と思っていたら、
ここのボブンはとても美味しかった。

でも隣で汗を掻きながら女の人が食べているフォーもとても気になった・・
ここは また 来たい店。

Paris Hanoï
74 Rue de Charonne, 75011 Paris

IMG_7777.jpg

ここも人気店で・・ アパートから歩ける距離だったので行ってみたのですが
ちょうど夏休み中だったので、隣の店でベトナムサンドを買ったのがとても美味しくて満足していたのだけど
後日、休み明けのこの店で買ったものは、更に美味しかったです。 

店内で、フォーなども食べれるようで、こういうところの方がローカルで美味しいのかな〜

が、、このエリアは、私一人だったら行かないかもしれません・・
移民地区で、活気があるのだけれど、でも、ちょっと・・ という感じ。。(ご参考まで)

IMG_7778_20170825160610401.jpg

これは スペシャル と 書いてあった 焼き豚の入ったサンド。
母が作ってくれる焼き豚の味がして・・ とても懐かしいというか、
アジアの味がして 美味しかった。。 
そして パンがパリパリで美味しいのがポイントなのかも。

IMG_7790.jpg

右端が上の焼き豚サンド。 

ちょっとわかりにくいですが・・
今回ハマったのが・・ イタリア産のスペック(燻製ハム)。
スーパー(モノプリ大型店のハム切り売りコーナー)で売っています。

そして、ウサギのテリーヌ。 これも美味しかった。

IMG_7350.jpg

あとは マロンクリーム入りのヨーグルト。

IMG_7474_20170825160530b84.jpg

チョコタルトは、濃いめのコーヒーにピッタリ。

でも、一番美味しかったのは、ブログに何度も書いてしまった、
レバノンのチキンサンドかな・・ あれは 美味しかった。。

IMG_7860.jpg

おまけで・・ 買ってきたものも。。

スペインでもありそうなものなのだけれども、つい買ってしまうものばかり。。
旅行先で買うから意味があるのだ。

IMG_7861.jpg

重いけど必ず買う、テリーヌやリエット。
鴨とウサギのリエットを買ったと思ったら、2つとも鴨だった。。。

IMG_7862_20170831161902937.jpg

スペインでは売っていないクラウディアやルバーブのジャム類と
滞在中寒かったので飲みたくなったショコラ。。

そしてチーズを少々。。(夏なので)

そんな パリ旅行でした。

+ + + + + + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

13 2017

パリの蚤の市で買ったもの・・

IMG_7870.jpg

パリでは週末はヴァンブの蚤の市へ、
そして、月曜以外やっているアリーグルの蚤の市へも足を運びました。

今回は コップ系を ちょっと 沢山。。
ババール(象)のコップを見つけた時はとても嬉しかった♡
こういう子供っぽい食器類とは、縁がないので・・ 
でも、たまに買ってしまうのです。。 ^^

pastis用のグラスをいくつか。。
このサイズはずっと探していて、ベルムー(ワインのリキュール)や、
そして、Nespresso(マシーンがあるので)に ちょうどいいサイズ。。

IMG_7874_201709022341001f1.jpg

そして とうとう 手を出してしまった・・リンゴ模様の瓶。。
蚤の市で必ず見かけて、気になっていたのだけれど、ちょっと可愛すぎるので
手を出さなかったシリーズ。。
これはメジャーカップというか瓶。

そして、このお皿は何ですか??と 売っていたおじさんに聞いてみたところ、
ワインボトルの下に置く、お皿、なんだとか。。 流石ワインの国・・
レストランなどでこういうのが使われていたんだな〜 
我が家でも使っています☆

IMG_7875.jpg

ピンバッチとフェーブ。
これは日本でも見かけたもの。
売っていたおじさんも日本によく行くと言っていた。。

これは日本の両親へのお土産。

IMG_8038_2017091001221871a.jpg

また買ってしまった、フランス製のビンテージなタイマー、
でも ちゃんと動く。。 この80年代ぐらいのオレンジ色が好き。
(昔のものは、ちゃんと自分の国で作っているし)

そして、タイマーの隣のものは、蚤の市ではなくて、お店で買った新品。
サン・ポール教会の前や、レンヌ通りにもある、白い食器が沢山売っている店で購入。
この店は好きで、必ず立ち寄って、しかも必ず何か買ってしまうのです。

研ぎ器。 使ってみたら、よく研げる。

使用上の注意点は、同じ方向に研ぐこと。だと。(真ん中)
端っこの研ぎ石は、ハサミ用。

研ぎ器まで、こんなに可愛らしいなんて・・流石フランス。。

こうやって 物が 増えていくという 話でした。。 ^_-

🏀 🏀 🏀
EUROBASKET・・・あー 今日も どっと疲れる試合だったぁ〜(vsドイツ)
次の試合(vsスロベニア)はどうなるやら。。でも 勝てて良かったぁ。。

因みに・・今回の私の注目選手は、ホアンチョ。
兄弟で出ていてお兄さんもとても良いけれど、ホアンチョは弟気質丸出しで
のびのびプレーするので見ていて楽しい♪  入れ替えで若手を起用したのは大正解。
今後も楽しみ☆☆☆

+ + + + + + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

IMG_7969_20170908012900a4e.jpg

スペインでは昨日から学校が始まったようで
我が家の窓から見える幼稚園・小学校から子供達の元気な声が聞こえ
私も頑張らなきゃと やらなくては・・と思っていた窓拭きや、細かいことを済ませてみました・・^^;

🍅 🍅 🍅

今年はもうトマトの瓶詰め作りはもういいかなぁ・・ 沢山あるし・・
と 思っていたら・・ トマト12kg 買ってきたよー と お土産・・

クエンカの、地元のトマトは8月ぐらいからがとても美味しいのです。
この細長いトマトは、トマテ デ ペラ というタイプのもので、
水分がそんなに多くなく、赤く、味が濃く、そして、皮がつるんと向けるので
水煮にするにはもってこい☆

まだ少し固めだったので、洗って台所で3日間寝かせて・・
少し熟してから作業に入りました。

でもね・・ 空き瓶が足りない・・ 

冷蔵庫に2kgほどストックしても、まだあと10kg・・
家にある空き瓶を集めて・・ まずは、水煮を何瓶か瓶詰めにして・・

IMG_7993.jpg

そして今回はトマトソース(salsa de tomate)も作ることに。
(煮詰めてしまうので瓶が少なくて済むので・・)

+ + + + + + + + +

材料:完熟トマト(水煮にした状態で1,2kg)、オリーブオイル大さじ1+、塩小さじ1+、砂糖小さじ1+
手順:①鍋に水とトマトを入れ沸騰させ、皮に亀裂が入ったらざるにあける、冷めたら皮を剥く(→水煮の状態)
   ②鍋に手でつぶした①を入れ、オリーブオイル、塩、砂糖を加え中火にかけ、沸騰し始めたら
    蓋をして弱火で1時間ほど煮込む
   ③トマトを木べらで潰しながら、蓋を開けて水分を飛ばし、更に好みの状態まで煮詰める

+ + + + + + + + +

上の写真は②の火にかけ始めたところ。

オリーブオイル、塩、砂糖の量は、まずは、オイルは大さじ1杯、塩砂糖は小さじ1杯いれてから
様子を見ながら少し足していきます。(トマトの熟成度や酸味によって変わるので)

今回はオイルは大さじ3弱、塩、砂糖は小さじ2弱。

IMG_7996.jpg
出来上がったトマトソース

最後の方はまめにかき混ぜて焦げ付かせないように。。
作り始めから比べると半量ぐらいになったら出来上がり。

IMG_8020_20170908012904be7.jpg

でも 2瓶 しかできなかった・・ (空き瓶がないからいいのだけど。。)

昔はトマトソースの瓶詰も大鍋で大量に作っていたのです。
義祖母が作るのを手伝ったり、彼女ができなくなってからは、私が作って
彼女に渡し、それを彼女が息子夫婦や孫やご近所さんに配っていたのですが。。

彼女がいなくなってから、やらなくなってしまった。。
トマトソースは、瓶詰めではなく、毎回その場で作るようになってしまった。。

やっぱり、彼女の喜ぶ顔が見たかったから、作っていたのかな。。

彼女と二人でエプロンをして台所の椅子に腰掛け、
色々な話をしながら・・ たまにかき混ぜ・・ たまに味見をし・・
一緒に瓶に詰めて・・ 真空にし・・ 並べる。

彼女がいなくなってから、何年ぶりかに作ったトマトソースの瓶詰。
ちゃんと 美味しく 出来上がりました。^_^

+ + + + + + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

11 2017

カラフルな傘・傘・傘

IMG_7885.jpg

EUROBASKET 今日(日曜午後)のスペイン戦(vsトルコ)は 冷や冷やだった。。💦

そして今、全米オープンテニスの男子決勝を観戦中・・
ラファ 優勝目指して 頑張れ〜〜  

🎾 🎾 🎾

パリ滞在記を書いている間に 夏が終わってしまいました・・

でも、夏の風景を少しだけ・・

ラマンチャ地方のとある小さな村の風景。
最近、こういうのが 流行ってるみたいなんです。

何と言っても、夏は、とても暑いので・・
大きな街は日よけ用のシートみたいなのを通りが日陰になるようにつり下げたりするのですが
さすがに 村レベルだと そこまでは しない。。

でも、傘を並べて 日よけにして、 涼しいし、 綺麗だし、 で
最近よくニュースでもやっているのです。

うん。 綺麗 綺麗。

IMG_7886.jpg

いいねいいね。 

ちなみに、スペインでは日傘をさしている人は いない・・
でも、とても暑いので、皆、日陰を歩こうとします。。
日陰を一列になって歩いたり・・

そして、一番暑い時間は、ランチ&シエスタ(シエスタと言っても昼寝だけではなくて休憩)
なので、誰も道を歩いていないのです。
個人商店はシャッターを閉めて、また5時半頃から開く店が多い。。(夏は特に)

話は変わって・・・
我が家の、台所の洗濯物干し場越しのご近所さんが、
クーラーを設置したのです(室外機が外壁についているのでわかる)。

クエンカでは、クーラーをつけている家はあまりなくて、
熱帯夜も、あるかないかで、40度近く上がる日もあるけれど、でも数日で、
そういう日は、川やプールに行ったりやり過ごすというのが クエンカ流。。

我が家から見える範囲ではクーラー設置第1号。
あまり 稼働してないようだけれど、、クエンカにもクーラーをつける家が増えていくのかなぁ。。

🎾 🎾 🎾
追記。
ラファ 優勝おめでとう!!!
ラファの走り回る、ボールを拾いまくる、返しまくる、姿は皆を元気にするから。
まだまだ もっともっと 勝ち続けて欲しい。 おめでとう〜 

+ + + + + + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
10 2017

Paris 16

IMG_6888.jpg

サン・マルタン運河はパリ10区にあります。
もっとパリの街中に宿を取れば便利なのだろうけれど、
私たちはここが気に入っているのです。

水のそばは落ち着くというか、緑があって、、
帰ってくると ホッとする・・ 場所。

IMG_6884.jpg

ドッグに船が入ると観光客が集まり、また いなくなってしまう。

IMG_6885.jpg

船が出て行くのを見るのは 飽きない。

IMG_6886.jpg

今回はちょっと寒かったのであまりピクニック日和ではなかったけれど
4回ほどしました・・

IMG_7271_201708250247078d8.jpg

1回は、昼、友人とチビちゃんと。
偶然、彼女たちもパリに滞在するというので、1日会うことができたのです。

地下鉄の駅まで迎えに行くと・・ チビちゃんが階段を駆け上がってきてくれました。

久しぶりー!!! 大きくなったねぇ〜〜 会いたかったよぉぉ ^^

運河に船を見に行こう! ピクニックしよう!! と 運河まで。
ちょうど船がドッグに入って出て行くところでした。。

道路が動き、門が閉まり、水が溜まって、今度は反対の門が開いて・・・
と、初めて見ることが沢山なチビちゃん。。 かわいいなぁぁ。。

それから 運河沿いでちょっとだけピクニック。
友人が持ってきてくれたクラッカーやフルーツを一緒に摘む。。

IMG_72811.jpg

ランチは、私たちのアパートへ。。

前日チビちゃんのプレゼントに買っておいたスパイダーマンをソファーに置いておいたら・・
これは一体どういうこと??と見つめるチビちゃん。。 

IMG_7290.jpg

ペンネのボロネーゼのオーブン焼きとチーズやサラミの盛り合わせ。

今日は何を作ってくれるのかなぁ?と朝から友人に質問していたという チビちゃん。
嬉しいな〜〜

私と友人はワインとサラミやチーズで、ゆっくり時間を過ごし・・
夫とチビちゃんはスパイダーマンごっこ三昧。

またひとつ大事な思い出ができました。
会えて嬉しかったよ。 ありがとね。

IMG_7836.jpg

毎週日曜日には運河から一本入ったところに
小さな朝市が出ます。 

IMG_7837.jpg

毎日渡った運河。

IMG_7831.jpg

最終日に発見したインベーダー。

IMG_7855_2017082502501284f.jpg

アパートの窓からの眺め。

IMG_7839.jpg

また 来られるかな。
また 次も この界隈に泊まりに来よう。

+ + + + + + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
09 2017

Paris 15

IMG_6872.jpg

だいたい毎日、夕方にはアパートへ戻り、
それから近場や、マレ地区へ散歩に出ました。

リュプブリック広場を抜けると、そこは北マレ地区。
静かな通りに小さなブティクが並んでいて

IMG_7500.jpg

夕飯は、アパートに戻ってから食べることが多く、
去年見つけてから気に入っているこのパン屋でいつもバゲッドを買って帰りました。

賞をとったことのあるここのバゲッドは、細身で、カリッと焼けていて、少し酸味があって
私たちの中ではパリで一番美味しいバゲッド。

IMG_7852.jpg

ここのタルトも、他の菓子パン類も、どれも美味しかった!!
特に美味しかったのが、レモンのタルト。

☆Tout Autour du Pain
134 Rue de Turenne, 75003 Paris

IMG_7456.jpg

この辺りはマレ地区の南側よりも随分落ち着いていて、
ぶらぶらするにはちょうどいい。

Marché des Enfants RougesのあるRue de Bretagneは
スーパーに市場、酒屋にパン屋、レストランに不動産屋と、活気がある。

IMG_7242.jpg

BIOスーパーの上に こんな インベーダーも。

IMG_7472.jpg

それでも一本入ると車もあまり通っていない静かな道があったり、
でも、こんな お姉さんのモザイクアートがあったり・・

IMG_7461_201708250659472f3.jpg

ピカソ美術館付近に来ると、急に人が増えてくるけれど、
夕方は、大分落ち着いている。

IMG_6880.jpg

ヴォージュ広場も、天気のいい夕方・夜はピクニックをしている人たちも多く、
私たちは、ここで ちょっとビールを飲んだり・・飲まなかったり・・
でも、ここに立ち寄ってから、また 北を目指し、歩き始める。。

IMG_6835_20170825070424b1a.jpg

レピュブリック広場は踊る人たちでいつも賑わっていました。

IMG_6980.jpg

ちょっと 夜のピクニックは寒かった今回の運河。
去年はこの時間は運河沿いは座れないぐらい混んでいたのにな。。

IMG_6838.jpg

なので、今回は、アパートで買ってきたものをカットし、摘んだり、

IMG_7501_20170905004639f4e.jpg

寒い日は、パスタやポテトをオーブンで焼いたり・・
そんな夕飯の日が多かったです。

+ + + + + + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
08 2017

Paris 14

IMG_7798.jpg

とある土曜日、ヴァンヴの蚤の市から、モンジュ広場でやっているという蚤の市へ
ハシゴしました・・

小さな広場だけれど、結構店数が多い。

IMG_7797.jpg

パリに住んでいたら、いや、車で来ていたら、買いたい家具があったり、、
パリはいいな。 蚤の市があって。。

IMG_7803.jpg

そして、飽きもせずに、これが食べおさめだと3度目のレバノンのチキンサンドを
広場でかぶりつき、大満足。。 これ 自分で作れるかな?? なんて・・

IMG_7805.jpg

そして 向かったのは アラブ世界研究所。

もう随分前にこの界隈、この建物のある通りのアパートに滞在したことがあったのだけれど
行ったことがなかったのです。

今回は見学はせずに屋上だけ・・ でもいつかちゃんと見てみたい場所の一つ。

IMG_7819.jpg

9階の屋上にのぼると・・この眺め・・ セーヌ川とノートルダム寺院が目の前に。。
そして この眺めを見ながらテラス席で食事をしている人が沢山いた・・ 

IMG_7820.jpg

セーヌ沿いを歩いていると 橋にもインベーダー。^^

IMG_7824.jpg

アラブ世界研究所のそばで高校生ぐらいの少年たちがスケボーをしていました。
きっと皆、フランス人。。 でも イスラム系の子達。

フランスは分からないけれど・・ スペインでは、イスラム系はモロ(モロッコ人という意味)、
アジア系はチノ(中国人という意味)と言われ、差別を受けています。

私も、チナ(中国人・女)と言われることがあるし、中国人だからなんなんだというのもあるけれど
そういうことをいう人は、そういうレベルの人なので気にしないのがいいのだろうけれど、
心地の良いものでは全くない。。

IMG_7447.jpg

移民、もと移民、達も、みんな そういうことに疲れてしまっているから、
こういう若い子たちを洗脳するのは、容易いこと。。

バルセロナのテロから3週間たちました。

IMG_7448.jpg

サンポールを抜けて アパート方面へ・・

IMG_7476.jpg

マレ地区から大通りを一本渡ると11区。
華やかなマレ地区とはガラリと雰囲気が変わる。
でもこっちが本当のパリなのかな、とも 思ったり。

あ。 これって・・・・なんていう名前だっけ・・・弟が持っていた・・・ゲームウォッチ! 
懐かしい〜 

IMG_7061.jpg

11区をアパート方面へ歩いていると、とても立派な店構えのパン・お菓子屋が・・
アルジェリア と 書いてある・・
アルジェリアって、北アフリカのアルジェリアだよね? 
と、一度通り過ぎたのだけれど戻って入ってみることに。。

目に留まった、アルジェリアのエンパナダ。
セモラ100%の薄いパン生地に、中に、これは野菜のトマト煮、が挟んで焼いてあるもの。

これをテイクアウトして、アパートで食べました。
もう、とっても 美味しくて、びっくり☆
パン生地が香ばしくてサクサク パリパリ。 具もちょっとアフリカの味がする。

アルジェリア の料理なんて・・初めて。。さすが、パリ。 
フランス人の客がお菓子を沢山買っていました。

☆Bague de Kenza
106 Rue Saint-Maur, 75011 Paris

+ + + + + + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
07 2017

Paris 13

IMG_7064.jpg

朝、サンジェルマン界隈で散策。

IMG_7066.jpg

とても天気が良かったので、食料を買い込みセーヌに向かう途中・・

チューバッカ と C-3PO (スターウォーズシリーズ)に 出会う。 ^^

IMG_7319.jpg

天気がいいと気持ちいい! 
今回は暑すぎないので、ピクニックにはもってこい。

フランスパンは美味しいし。 ハムも美味しいし。 
この日も セーヌを眺めながら ピクニックをした ような・・ もう記憶が定かではない。。 ^^;

IMG_7322_201708242306189d9.jpg

今はここに鍵をかけるのが流行っているのかしら??

IMG_7323.jpg

IMG_7326_20170824230648852.jpg

向かったのは、、 ヴァンドーム広場や

IMG_7329.jpg

オペラ座界隈。
予想通り、凄い人。。

IMG_7333.jpg

日曜も営業するようになったというギャラリーラファイエットへも。

IMG_7338_2017090603051723c.jpg

とぉぉっても混んでいるけれど、本当に、ここは綺麗だから、
つい足を運んでしまう。。 だって それに 

IMG_7339_20170824230652d3b.jpg

屋上から パリが一望できるから。。

IMG_7344.jpg

オペラの裏側と

IMG_7343.jpg

モンマルトルも見える。

隣のプランタンの屋上も登るつもりだったのに
すっかり忘れてしまった・・ また 次回、忘れないようにしよっと。

IMG_7010_2017090603022053d.jpg
船が通り過ぎるのをじっと見つめるワンチャン。

パリは、朝から昼過ぎまで気温が低いのに、3時ごろからグンと気温が上がる日があって
それでも それはほんの数日だけだったけれど、 そんな日は 夜は 今度は運河でピクニック。。

簡単な冷製パスタなどを作って ワインを開けて チーズをつまみました。

+ + + + + + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
06 2017

Paris 12

IMG_7503.jpg

バスに乗ってMongeで降りて、Monge広場へ。
市場がやっていないので、ガランとして、広く感じる。

なんか・・パリは・・ もう 秋・・ だね。。 なんて 話しながら
ムフタール通りへ向かう。

IMG_7163.jpg

やっぱり雨が降ってきて、雨宿り代わりにカフェに入る。
寒かったので、カフェオレ と エスプレッソ。

IMG_7166.jpg

奥がレストランになっていて、メニューをみると とても美味しそう♪
うーん。 でも、今日はこの前食べたレバノンのチキンサンドを食べる予定だし、
レストランで食べてしまうと2時間はかかってしまうしなぁ・・・

しかも、この日以降は夏休みに入ってしまうという・・ 迷う。。 でも、
まだやることがあるから仕方がない。 また 次回は、ここへ来よう。

そして、帰国後、アメリ(仏映画)をまたみていたら、なんとこのカフェが出ていた。。
アメリが見つけた宝箱が持ち主の手に渡り、そのあと入ったカフェがここだった。。
でも、このカフェにはアメリの宣伝とか何もなかったのです。 そういうのもちょっといい。

☆Le Verre à Pied
118, Bis Rue Mouffetard 75005 Paris

IMG_7530_201708241512223c6.jpg

そして予定通りチキンサンドを食べて、
先週見ることができなかったパンテオンの目の前にある図書館に向かう。

1時から開館だというので少し前に到着すると、大勢の人が図書カードを持って待っていた。

1時になるとドアが開いて中に入る。 
でも、見学は2時からだと言われて、1時間ぶらぶらすることに・・

IMG_7515.jpg

歩いているとリュクサンブール公園が見えたので中に入る。
色々な種類の赤い花が咲いていた。

IMG_7520_201708241512206aa.jpg

IMG_7534_20170824151223f43.jpg

2時頃図書館に戻ると中へ入れてくれて、
そこで数人の観光客とガイド付きの見学をしました。

ガイドさんの話によると、この鉄を使ったデザインは当時では斬新(エッフェル塔よりも前に建てられた)で、
このデザインに影響を受けた建築家が沢山いたのだと。

誰かが一番初めに思いつかなければ流行ったりはしないわけだから
それがここからだったんだと思うと、なんだか凄い話を聞いてしまったな。。

☆Bibliothèque Sainte-Geneviève(サント・ジュヌヴィエーヴ図書館)
10 Place du Panthéon, 75005 Paris

IMG_7542.jpg

図書館を出て、オデオンを抜けて

IMG_7549.jpg

サンジェルマン界隈へ向かう。

IMG_7553.jpg

あ。 レイア。 スターウォーズのレイア姫。
スターウォーズシリーズもあるのかぁ 全部見てみたいなぁ。。

IMG_7561.jpg

買い物を済ませ、
今度はサンジェルマンからセーヌに向かったところにあるマザラン図書館へ。

セーヌ川沿いに建つ、大きくて、立派な建物。
きっと見たことがある。 でもこれが図書館だったとは知らなかったなぁ。。

撮影禁止で写真はないのですが、
とても綺麗な、ちょっとハリーポッターに出てきそうな、そんな図書館でした。

☆Bibliothèque Mazarine
23 Quai de Conti, 75006 Paris

IMG_7563.jpg

Pont Neuf(ヌフ橋)を渡り、シテ島を通り抜け

IMG_7571.jpg

また マレ地区に入り、ぶらぶらとサンマルタン方面に向かいました。

+ + + + + + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
05 2017

Paris 11

IMG_7682.jpg

パリ市立近代美術館同様に、訪れたことがなかった プティ・パレ。

IMG_7691.jpg

中に入ると・・ 吹き抜けるように高い天井には絵が描かれ、
真っ白の、高くて、広い空間。

凄いな。 パリ。

そして、パリ市立近代美術館も、このプティ・パレも、無料公開というのも 凄い。

IMG_7698.jpg

これはローマ時代のワインの瓶の底

地下の階には、古い時代のものが展示されてあって、
ローマ時代のものや、

IMG_7700_201708231932572f9.jpg

古代ギリシャの陶器 などが展示されてあって、
じっくり見ていたら、この階だけで何時間もかかってしまいそう。。

IMG_7695.jpg

地上階へ戻り、目当ての作品を探していると・・

Les Hallesの市場の風景 という作品があった。
今は近代的なショッピングモールになってしまっているけど、
こんな風景だったんだな。。 

IMG_7706.jpg

シスレー 

IMG_7707_20170823193259c3f.jpg

ピサロ

パリの風景は 今も変わっていないんだな。。

IMG_7709.jpg

そして モネ。

IMG_7715.jpg

部屋を出て階段に出ると、天井画が。。
なんだろう。 

IMG_7721.jpg

パリの風景に書き込まれた、パリの歴史なのかな・・

IMG_7719.jpg

モンマルトルで活動した印象派の画家達。
その作品に描かれているモデル達も描かれている。。

フランスは自由を大事にする国だけれども、
こういうところにも表れているような気がする。。

形式張った中に、自由な発想があるというか・・
先日、パリにトランプ大統領が訪れた時も、あの形式張った儀式の中で
今流行りの曲を演奏したり・・ 

もちろん、どうなんだろう。と 思うこともあるけれど、
でも、やってみなくてはわからない。 そんな エスプリが フランス人にはあるような気がする。

IMG_7723.jpg

中庭の回廊?には カフェがあった。

ここへは、もう一度来てみたい。
もっともっと 時間をかけてゆっくり見てみたい。

そんな 雨の日の、美術館巡りでした。

+ + + + + + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
04 2017

Paris 10

IMG_7597.jpg

バルセロナで起きた連続テロのニュースを知った翌日
パリは雨でした。

夜から降り続けてなかなか止みそうにない。

テロは起きてしまったけれど、それはそれ。
気持ちを入れ替えて出かけました。

雨だから・・ 美術館に行こう。

最寄りの地下鉄の駅を出ると、ダイアナ妃慰霊モニュメントが。。
そうだ。 このトンネルの中で事故にあって亡くなったんだ。

ロイヤルファミリーでも、一般人でも、最愛の人を失う辛さは全く同じ。
最近鬱だったと明かしたヘンリー王子のことを思い出してしまった。

IMG_7601.jpg

パリ市立近代美術館

IMG_7605.jpg

どこから見たら良いのかなぁ・・と キョロキョロしていると
目に飛び込んできた、色鮮やかな 光・・   光? 絵? なんだろうと 
階段を登って部屋に入ってみると・・ 楕円状のホールの壁一面が絵に埋め尽くされていた。。
絵なんだけれど、光を発しているような、光を浴びているような、感覚。。

「La Fée Électricité(電気の妖精)」 ラウル・デュフィ

1937年のパリ万博の際に光館の壁画として描かれ、
電気の発見から現代の形に至るまでの電気の歴史を表したもの。

IMG_7614.jpg

電気がなかった時代・・ 

IMG_7612.jpg

電気を発明した人間の暮らしは豊かになった。。
電気の歴史に詳しかったらもっと楽しいかもしれないけれど、
この絵の目の前にいるだけで、ちょっと 嬉しくなる そんな絵でした。

IMG_7633_20170823153928fc3.jpg

大きなマティスの絵があったり、

IMG_7640.jpg

目を引く、綺麗な絵が沢山。。

IMG_7642.jpg


IMG_7643.jpg

外は雨。 でも 広い空間が気持ち良い。

IMG_7647.jpg

シャガール は 好きな画家の一人。

IMG_7650.jpg

モジリアーニ、ピカソ、ブラック・・ 

これが無料で見られるとは思っていなかった。。

IMG_7661.jpg

外に出ると、ちょうど雨が止んだところだった。。

前日の夕方、アパートに戻った時に、バルセロナのニュースを知った。
そしてその深夜に郊外の海辺の町でもテロが起きた。
8月のスペインの海岸沿いの町や村は、夜中まで人で溢れている。

犯人達が逃走中だし、まだテロが起きる可能性があるのだから、
私なら、近くにいたら外にでないと思うと言ったら、
スペイン人の夫は、それは違う、と言った。
それでは、テロリストたちの思いのままだと。

IMG_7664.jpg

スペイン人は、強い。

スペインは、バスク地方に拠点を置くテロリストたちと戦ってきた。
今はその脅威はもうないけれど、そのグループは、この50年余りの間に
警察を、政治家を、一般市民を何百人も殺害し、それでも、刑務所からすぐに出てきて普通に暮らしている。

スペインには極刑は存在しない。 

テロが起きても、次の日には広場に集まり、犠牲者を追悼し、そして 日常生活を
続けることによって、テロを恐れていないことを 態度で示す。

テロを経験したことのない私には、想像できないことが沢山あって、
一度経験した、東京の地下鉄サリンのときは、東京で働いていたけれど、
あれが、何度も起きると思うと、ぞっとしてしまう。

こちらの知人にも、しかも、何人も、バスクのテロ集団のテロによって
家族が犠牲になったという人が身近にいることも、私には、ちょっと想像ができないこと。

でも、学んだのは、テロは恐れてはいけないこと。

雨が止み、セーヌ沿いを二人で歩いて、プティ・パレへ向かいました。

+ + + + + + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ