FC2ブログ
18 2018

南瓜のタルト

IMG_7119_201811170306555ed.jpg


友人からもらった長い南瓜。

彼らに、何かお返しできたらなぁと・・
苦手なお菓子でも作ってみるかと・・ 
南瓜のタルトならできそうだと、作ってみました。

うまくできるかわからないので、まずは 試しに、私用。

まあまあの出来。 でも、お菓子屋さんの味ではない。(当然)
でも、どこをどうすればいいのかわからない・・


IMG_7129.jpg


でも、次の日以降は、美味しくなっていた。。
うん。 結構おいしいかも .゚+.(・∀・)゚+. イケるかも。

でも、ちびっ子達って、南瓜のお菓子とか好きなのかしら??
小さい頃、南瓜も栗も美味しさがわからなかったような・・

南瓜のプリンにしておくか・・ あ、でも 南瓜か・・
この前好評だったチョコレートのビスコッチョにするか・・

と、原点を見失ってしまいそうな 予感。。 (´∀`*;)ゞ

お菓子作りは 難しい・・(*´~`*)


+ + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
17 2018

エルビド

IMG_8346_201709262026135cb.jpg


エルビド Hervido は hervir エルビル という動詞(意味:沸騰する)からきていて
茹でたものを指し、この野菜を茹でただけの料理のこともエルビドと呼ぶのです。(→前記事

そのままオイルと塩をかけて、食べたり、
これをフォークで全部潰してから、オイルと塩をかけて食べる人も多く、
私も、もちろん、潰す派。 ^_-

潰して、ざっくり全体を 混ぜて 食べる。 茹で汁は、スープに。


IMG_8334.jpg


+ + + + + + + + + + +

材料:ジャガイモ、人参、玉葱、モロッコインゲン、ローレル、塩胡椒、オリーブオイル
手順:①ジャガイモは皮をむき丸ごと、人参は皮をむき大きすぎず小さすぎない大きさに切り、
    玉葱は大きめの櫛切り、インゲンは3cmほどの長さに切る。
   ②鍋に①と水をなみなみ入れ、ローリエ、塩、オリーブオイル少々を垂らし、
    野菜が柔らかくなるまで火にかける
   ③皿に盛り、フォークでつぶし、塩、オイル(たっぷりめ)にかけて食べる

+ + + + + + + + + + +


IMG_8342.jpg


ジャガイモは崩れにくいものを。
インゲンもフォークで潰れるぐらいまでしっかり茹でます。

ポイントは、美味しい オリーブオイルをちょっとたっぷりめにかけること☆☆
野菜の味を オリーブオイルで 楽しむ 料理。

地味な料理ですが・・ これこそ スペインの家庭料理☆

騙されたと思って・・ 是非 お試しあれ。。

良い週末を〜〜 


+ + + + + + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
15 2018

ローレルと南瓜

IMG_7101.jpg


そろそろローレルが切れるなぁ と 思っていたら・・

これ 持ってって。 と ローレルをどっさりもらってしまった。
こちらの料理に欠かせないローレル。

ローレルの枝は風呂桶の中でシャワーで汚れを落とし
少し枝を切って、洗濯の輪っかに引っ掛けて乾燥させています。


IMG_7099.jpg


そしてこんな大きな・・いや、長い、南瓜も。。。
友人のお父さんが趣味で畑をやっていて、
特に最近は南瓜にはまっているのだとか。。

八百屋に売っている南瓜の3倍はある。

早速切ってみると・・甘〜い香りが・・ 
種を取り除こうとすると、ワタの部分まで水々しい。
やっぱり自家製は違うんだなぁ〜


IMG_7105.jpg


まずは クレマ デ カラバサ crema de calabaza

いつもはこのレシピ(→)なのだけれど、南瓜をたくさん使いたいので 玉葱と南瓜だけで。

塩胡椒とナツメグを少々。 味が足りなければ、固形ブイヨンを少し。

でも、南瓜が甘いので、もう、これだけで充分美味しい♡

南瓜をくれた友人が、南瓜のレシピを教えて欲しいというので、
いいレシピがあるよ! 作って持ってってあげようか!? と 言うと、
でも私も南瓜を消費したいからさー と。。 だよね。。 (^∇^) 

彼女の家に、沢山転がっていた南瓜・・ 使い終わったらまたくれると言っていた・・

ありがたい話です。 (*^_^*)

+ + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
14 2018

セタス デ カルド 2品

IMG_7093.jpg


皆で採ったキノコ setas de cardo を少しもらって帰ってきました☆

このキノコはとても綺麗なのが嬉しい。
ささっと洗って、軸をハサミで切るだけ。

ペーパータオルで水気をよく拭き取っておく。


IMG_7095.jpg


まずは ア ラ プランチャ a la plancha 鉄板焼き。

+ + + + + + +

材料:カルド茸(セタス デ カルド)、オリーブオイル、レモン、粗塩
手順:熱く熱した鉄板にオイルをしき、強火で茸の両面をさっと焼き、粗塩とレモンをふりかける

+ + + + + + +

この茸の味は・・椎茸のような旨みに、エリンギや舞茸のようなやわらかな歯触りで、
とても美味しい茸なのです。

あまり焼き過ぎず、ふわっと仕上げるのがポイント☆

あー 美味しい。+゚。*(*´∀`*)*。゚+


IMG_7112.jpg


そして レヴェルト revuelto  卵とじ。

+ + + + + + +

材料:カルド茸(セタス デ カルド)、オリーブオイル、、粗塩、卵(2個使用)
手順:フライパンににオイルをしき、強火で茸の両面をさっと焼き、火からおろし卵液(溶き卵)を
   流し込み余熱で火を通し粗塩をふる

+ + + + + + +

卵はふわっと、トロッと、仕上げます。

これをフォークですくって、トーストにのせて食べる・・ 美味しい・・ ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

あー 美味しかった。。 
キノコ、内緒で採りに行っちゃおうかな・・と 思うぐらい。。 

秘密の場所を教えてくれた友人に感謝☆ 

+ + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
13 2018

巻き寿司とキノコ狩り

IMG_7043.jpg


友人家族のリクエストの巻き寿司を作って


IMG_7047.jpg


味噌汁と ワサビと 醤油を 携えて・・


IMG_7052.jpg


キノコ狩りへ・・  🍄

友人は生粋のコンケンセ(クエンカっ子)なのでキノコにとても詳しい。
キノコなんて、もう、採れないよ。 と 今年は諦めていたのに・・

ほら。 カルド。 と 早速友人が発見。

カルドは setas de cardo セタス デ カルド と呼ばれるキノコ。
カルドという植物が咲いている野原で採れる、クエンカというよりも、
アルバセテ県方面で多く採れるキノコ。


IMG_7054_20181112220315fa0.jpg


キノコ・カルドは、クエンカで採れるオレンジ色のニスカロスというキノコよりも
はっきり言って、100倍美味しい。 

嬉しい〜〜〜 今年は店先でもカルドを見かけなかったから食べられないと思っていたの〜
と 興奮気味に、友人家族も今年初のキノコ狩りだと言って、皆で力を合わせてキノコ探し。


IMG_7059_2018111222031628a.jpg


キノコが生えている同じ場所に、トゲトゲしたカルドという植物が生えている。

でも、こんなにはっきり見えるのに、見つけるのは中々難しい・・
キノコがしっかり枯れ草にカモフラージュしていて、私はさっぱり見分けがつかない・・

でも、私とペアを組んだ、チビちゃんが、見つける見つける。。
私はカットする係り。。


IMG_7072_2018111222035269d.jpg


この日の収穫を記念撮影。 と 籠を置いた場所にも カルドが沢山☆ (後ろに見える)

わーい! 大好きなカルドがいっぱい。 \(^o^)/

お腹が空いたので、友人の家で昼食を皆でとり
それから皆でチビちゃんリクエストのゲーム(ジェスチャーゲームや色々・・)
で大笑いし、


IMG_7084.jpg

旧市街を歩いて家へ帰りました。

IMG_7087.jpg

久々に歩いたクエンカの夜の旧市街は とても綺麗でした。


⚽️ ⚽️ ⚽️

日本の新聞にも出ていたけれど・・ふふふ・・ バルサがベティスに負けたので・・
これで1ポイント差。。 再来週は直接対決。。 
でもメッシーが戻ってきてしまった・・ 

ベティスはW杯で活躍した乾選手が今シーズンから所属しているチーム。
バルサ戦、乾選手も試合に出たらしい。期待されている証拠☆ 頑張れ乾選手!

+ + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
11 2018

タブラ

IMG_7034.jpg


簡単に夕飯を済ませたい時は、タブラ tabla。

タブラは カットボードのこと。 
カットボードに、チーズをのせれば タブラ デ ケソ。
ハモンをのせれば、タブラ デ ハモン。

我が家のタブラは、チーズ、ハモン、林檎とルッコラ(パルメザンチーズをかける)は必須で、
あれば、チョリソやサラミ、メンブリージョ(花梨のゼリー)などをのせたり。

葡萄や洋梨をのせても美味しい ^_-

これに パンとワイン・・ 色々組み合わせながら、口に放り込むだけ・・ 

IMG_7029.jpg


パンかごのナフキン、クリスマス用にクロスステッチをしてみました。

⚽️ ⚽️ ⚽️

今週は木曜にCLの試合があったアトレティコ・・
先々週ドルトムントに大敗したのが効いたのか?ホームでは2-0でドトルムントに勝利。
これでまだ決勝Tに進めるかもしれない・・

そして今日はスペインリーグでvsビルバオ。
80分で同点に追いつき、このまま同点を狙うかと思いきや、91分でなんと逆転勝ち☆ (。Д゚; 三 ;゚Д゚)
いつもはこのパターンで負けるのに・・やればできるじゃないか・・

リーガ(スペインリーグ)は、次はvsバルサ。メッシーがいないけれど
アトレティコも負傷者多数・・あと2週間・・みんな完治してー

+ + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
10 2018
IMG_8447.jpg


ガンバ gamba は エビ。

そう。 エビのトルティージャというのも あります。
しかも、とても美味しいんです☆

こちらでは、エビの種類がとても多くて、近所のスーパーの魚売り場にも
茹でて冷凍されているものや、生のまま冷凍されているもの、
半解凍のもの、そして、ちゃんとした魚屋や市場などでは生のエビも売っています。

特に金曜・土曜は、週末にかかるので、エビの種類も豊富で、
米料理用の小さめの生エビや、そして、焼く用の、大きめのエビがずらりと並ぶのです。

でも、今日は、トルティージャなので、普通の、冷凍の小さめのエビを・・

IMG_8439.jpg

(小さめ1つ分)+ + + + + + +

材料:卵3個、エビ15個ほど、塩、オリーブオイル大さじ1
手順:① フライパンにオイルを熱しエビを両面焼く
   ② ボールに軽く泡立てた卵液に①と、塩を加え、さっとかき混ぜ、①のフライパンに
     少しオイルを熱し、湯気が出始めたら一気に卵液を流し込み軽くまぜ、卵液が固まってきたら
     皿をかぶせトルティージャをひっくり返し、さらに焼き色をつける

+ + + + + + + + + + + + + + +

ボールの中の卵液に炒めたエビを入れた時に、卵液の方がちょっと多めになるようにします。

お好みでニンニクのみじん切りを入れても美味しいです。

IMG_8441.jpg

ぺったんこめのトルティージャで、エビがプリッと、ふくらんでいるというのが
エビのトルティージャ。。

是非お試しあれ♪

良い週末を〜〜 ^_-

+ + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
IMG_7010_20181108012620aff.jpg

こちらのさつま芋・・ボニアトを使って ボニアトごはん。

白ワインと塩とボニアトを入れて普通に炊くだけ。。
これが・・・ 美味くて・・ この時期の楽しみのひとつ。。.゚+.(・∀・)゚+.

里芋とボニアト、大根と人参、生姜、味噌入り、けんちん汁?さつま汁?? と一緒に。

なんか・・糖質の多いメニューだけど・・いいの。

最近よく耳にする 糖質ダイエット という言葉。。
名前から想像するだけで・・ 私にはできない、と 思ってしまう。

お米大好きだし。 炭水化物大好きだし。 お菓子はそんなに食べないけれど
きっとそういうことではないんだろうな、と 思うから。。 無理だな。。

昔のダイエットは痩せることだったけれど
今は、体の質をよくすること、なのかな。 
そういうこと 考えなくてはいけない年齢なんだろうな。。 きっと。。

でも、この前、健康診断で、「レタスより健康」って 言われたし。ヽ(´∀`)ノ

スペインでは、 超健康なことを Más sano que una lechuga と言うんです。
→ sano ・サノ(健康)、lechuga ・レチュガ(レタス)、mas +que(〜よりもっと)

レタスより健康・・よくわからないけど・・でもかなり健康そうだ。 (^∇^)

でも 油断禁物・・  明日から少し気をつけよっと♪
今日はお代わりしちゃったけど。

+ + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
08 2018

クレマ デ ボニアト

IMG_7005.jpg

スープ類が大好きなのです。

具がゴロゴロ入ったスープも、ミキサーでクリーム状にしたものも。

こちらへ来てから、料理にハンドミキサー・バーミックスを使う頻度が多く、
夏はガスパッチョやサルモレホなどの冷製スープ、
そして、ちょっと添えるソースに、温かいクリーム状のスープ、クレマ crema。

ジャムを作るときにも使うし、台所の窓を開けていると
ご近所さんがハンドミキサーを使っている音も聞こえてきたり・・ 

でも、特に、この季節は毎週、毎日、使っている気がします。

IMG_6993.jpg

ボニアトは日本のサツマイモに近い・・でも、外側も内側も色が違う・・
ボニアトは中が白のものとオレンジのものがあるのです。

白のものは、砂糖と煮詰めてジャムのよう餡? を
サクッとした生地に包んで焼く焼き菓子に使われたりします。(→パステル デ ボニアト

オレンジのボニアトとポロ葱のクレマ(レシピ→)は クレマの中でも上位に位置する大好物☆
細く切ったポロ葱を炒めて上にのせてできあがり。 

甘さが、南瓜とはまた少し違う。。 やっぱり焼き芋の甘さを連想させる 甘さ。.゚+.(・∀・)゚+.

日本のさつま芋で作っても美味しいはず。
是非お試しあれ♪

+ + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
07 2018

メンブリージョの季節

IMG_6972_2018110605425039c.jpg

今年もメンブリージョ(花梨)の季節。
買おうかなぁ どうしようかなぁ と 2回ほど見送ったメンブリージョ。。
結局2つだけ買うことに。。

IMG_6975.jpg

花梨はそのままでは食べられないので、一度茹でてから、
砂糖で煮詰めていきます。(詳しいレシピ→

花梨を木べらでつぶしながら、砂糖がグツグツ言い始め、花梨がすっかり柔らかくなったら
ハンドミキサーにかけ、さらに水分を飛ばし、木べらですくって、モタッと落ちるようになった出来上がり。

鍋を火からおろし、少ししたら、熱いうちに、保存容器に流し込み
表面を平らにし、冷めるまで待つ。

冷めたら、ラップを表面にピチっと貼り付けて、容器の蓋をしておしまい。
常温で 1年は軽く持ちます☆

どろっとしていたのにあっという間にかたまって、柔らかい羊羹のような感じになるのです。
スライスしてデザートとして食べたり、チーズと食べるのが定番☆

毎年2つ作って、ひとつは、今食べている去年のが終わったら食べ始め、
もうひとつは、誰かにおすそ分け用。

でも、おすそ分けしてもらっちゃうこともあって、
在庫がたまってしまうこともあったり。。。 

義祖母と一緒に作りながら覚えた、このレシピ。
今年も美味しくできました (^-^)/

+ + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
06 2018

鯖そぼろ

IMG_6336.jpg

鯖を買ってきました。

でもちょっと身が柔らかめ・・これではしめ鯖はできないな・・
ということで・・ 鯖そぼろに予定変更。

鯖は身が柔らかいので3枚におろしたら、スプーンで皮から身をすくい
ネギと生姜を微塵切りにし、オイルを熱し軽く炒め、ほぐした鯖を加え、
色が変わってきたら、白ワイン(酒)、醤油、砂糖を加え、水分がなくなるまで炒る。
そして白ごまをたっぷりかけて出来上がり。 (味醂があれば味醂を入れる)

そぼろと言うか、ふりかけと言うか・・ 炊きたてのご飯にかけると2膳はいけてしまう☆

残りの鯖はトマトソースの鯖団子に。

☔️ ☔️ ☔️

今朝、朝一で、クリニックの予約が入っていたので雨の中出かけたら・・
クリニックのドアが開かない。。
電話をすると、あれ? 変更って電話で話したじゃない?? と言われた。。

?話してないよ?!  でも、電話に出た誰か家族と話したわよ と 言う。 
?携帯だし・・・   誰と話したんだ??

もしかして、間違った番号にかけて、電話の主もよくわかってなくて、
たまたま月曜にどこかに予約があって、火曜に変更って言われて納得してしまったのか?!

なんて想像してたら ちょっと 笑えてきた・・ (^∇^) 
その人、明日行ったら、なんで月曜来なかったの? とか言われたりして・・ 

こちらの医者は、掛け持ちをしていることが多いのです。
午前中は国立病院で、午後は自分のクリニックや、小さな村の診療所や、夜の当直を掛け持ちしていたり。

なので、予約の変更の電話がよくかかってくることがあるのです。

なので、また、明日行かなくてわ。 電話番号も確認しなくちゃ。(^-^)/

+ + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
05 2018

週末アロス

IMG_6970.jpg

週末は米料理(アロス)を☆

冷凍しておいた野生のキノコ、ニスカロスと、
アーティチョーク、鶏肉入りの、この季節の定番
アロス デル カサドール arroz del cazador(レシピ→

カサドールは 猟師のこと。

昔、アンダルシア地方の山奥のレストランで食べたのがこれで、
それは兎が入っていたけれど、土鍋に入って、グツグツ音を立てているのが
テーブルに運ばれてきて、それを皆でよそって食べたっけ。

土鍋だから、時間が経ってもアツアツだったなぁぁ

飛び石連休だったこの週末、
アンダルシアでは気温が上がって海辺のレストランは大繁盛だったよう。

今週も1週間頑張っていきましょう♪

+ + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
04 2018

ブニュエロス デ ヴィエント

IMG_6960.jpg

11月1日の諸聖人の日(前後)に食べる 伝統菓子
ブニュエロス デ ヴィエント buñuelos de viento

シュー生地のような生地を揚げて 中にクリームをつめたお菓子

ヴィエント は 風 のこと。
軽くて、ふわっと、ぱくっと、食べるお菓子。

今年は食べ忘れてしまっていたのだけれど
今日 八百屋に行ったらまだ売っていたので買うことに。

どのくらいもつ? と 聞くと
冷蔵庫で1週間 でも テーブルに出したら5分もつかどうか とお兄さん (^∇^) 

ふふふ それは言えてる。 あっという間に食べちゃうよね。

あ。 ポポロン に似てるんだ!
パクパク食べてしまう感じが。 軽さも。
あと、パリで食べた、シュケットにも似てるかな。

お皿にのってるのを全部食べられそうだったけれど
半分にしておきました。

引き続き 良い週末を〜☆

+ + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
03 2018
IMG_6956.jpg

ニスカロス 🍄 続いています

レヴォエルト revuelto は 卵でとじること。
野菜ならなんでもいいのですが、
この季節は、美味しいレストランなどでも、キノコの卵とじは人気メニュー。

ポルチーニ、アンズ茸、そして各地でとれる、その土地の野生のキノコを
ふわっと卵でとじる。

(1皿分)+ + + + + +

材料:ニスカロス250gほど、卵1ー2個、ニンニク1片、オリーブオイル大さじ1、ビール50mlほど、粗塩
手順:フライパンにオイルを熱し強火でニスカロスの両面を焼き、途中でニンニクのスライスを加え香りがでてきたら
   ビールでさっと蒸し、ニスカロスに火が通ったら火を止め溶き卵を余熱で和え粗塩をふる

+ + + + + + + + ++ +

ビールの量はニスカロスの厚みなどによって調整します。
軽く蓋をして蒸し焼きにする要領で、でも、蒸すだけでなく、しっかり焼くのがポイント☆

卵は多めの方が美味しいです(↑は少ない。)

美味しいキノコの卵とじ 是非お試しあれ♪

良い週末を・・^_-

+ + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

02 2018

ニスカロス入りガスパッチョ・マンチェゴ

IMG_6953_20181102022016a7a.jpg

大量に買って帰ってきたニスカロス 🍄 

箱に入ったまま放置はできないので・・
3日ほどは冷蔵庫でもつので使う分を残して、
残りは水と刷毛を使って汚れを落とし、水気を拭き取って、冷凍庫へ。 

昨日は、ニンニクとオイルと炒め、ビールで蒸す、アヒージョに、ポーチドエッグをのせて食べました☆

そして今日は、祝日だったので、お昼はニスカロスたっぷりのガスパッチョマンチェゴ(レシピ

あー やっぱり 野生のキノコは美味しいなぁ〜〜
味が濃い。 出汁もよく出るし。 

IMG_6922.jpg

この 薄いパンを入れ煮込んで食べる、ガスパッチョ・マンチェゴも、
葡萄の収穫のこの季節、そして、パストール(羊使い)達が、山で食べる食べ物なのです。

IMG_6924.jpg

ラマンチャ地方のガスパッチョ。 ガスパッチョ・マンチェゴ。
ラマンチャのティント(tinto 赤ワイン)と 
そして あれば ケソ・マンチェゴ(ラマンチャのチーズ)と 一緒にどうぞ。 ^_-

+ + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
01 2018

ニスカロス

IMG_6914.jpg

今日はハロウィンだと気付き、慌てて飴玉をビニール袋に詰めてスタンバイしていたら・・
可愛らしいお化けたちが来てくれました 👻

中学生ぐらいの女の子たち。 袋を渡すと、これ全部いいの???と。。
可愛い・・♡ 外見は大人っぽいけれど、まだ子供っぽくて可愛いのね。。

そんなハローウィンの夜でした。。

🎃 🎃 🎃

イベリア半島の北部では大雪 ⛄️
クエンカは冷たい雨が降っているここ数日。。
気温もぐんと下がって最高気温も5度ほど・・ 寒い・・

こんなに寒かったら、、もうキノコは無理だね・・・ なんて話していたら

郊外にある村のガソリンスタンドでキノコが売っているので買った。と 
そして写真が送られてきました。

キノコは勿論、クエンカ〜バレンシアなどで採れる ニスカロス🍄

IMG_6915_20181101013408cc7.jpg

クエンカにはないのに〜〜 
このキノコはバレンシア沿いの山で採れたものだそう。
今年はバレンシアは雨降ってるからね・・

こんな感じで車に積んでお店を開いているのです。

IMG_6913.jpg

綺麗なものの方が高い値段がついているという仕組み。

このオレンジ色のニスカロスというキノコは、湿気が必要なキノコで、
でも、濡れると、緑色に変色するという、デリケイトなキノコ。。

初めて見た時は、これは食べていいのか?? と思ったぐらい。。
ニスカロスの性質と味を知っている人しか、食べようとは思えないキノコかも ^^:

それにしても、朝採りのキノコ・・すごい量・・ さすが プロ☆

キノコを採るにはライセンスがいるのです。
素人が山に入って自家用にちょっととるぐらいなら必要ないけれど
商売目的ではライセンスが必要。 そして採っていい量も制限付き。

でも、最近は、主に、その手の組織(移民組織)が、
ライセンスなしで山に侵入し、採ってはいけない小さなキノコまで根こそぎ、
あるだけ採ってしまい、それを売りさばくのも勿論だけれど、
もう、キノコが生えない状態にしてしまっている というのが深刻な問題になっているのです。

今日は諸聖人の日です。→

+ + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
31 2018

ボケロネス エン アドボ

IMG_6846_20181026184431ffa.jpg

鰯じゃない魚にしてほしい〜 と言われのに、片口鰯を買って帰るという・・(´∀`*;)ゞ

日本語だと鰯という名前だけれど、スペイン語では、鰯はsardinas サルディナス、
片口鰯はboquerrones ボケロネス、で、鰯とは違う魚?! なので・・

片口鰯は軽めのフライにしてしまうと、オーブン焼きとはまた違うしね。
ということで、今日は、フライ。

片口鰯のフライは、刻んだニンニクとレモンを絞って漬けてからあげるレシピ→
そして これもよくやるレシピ。

エン アドボ en adobo  や adobado アドバド というのは
マリネした という 意味で、
スペインでは大体、ニンニク、パプリカパウダー、塩 などでマリネすることを指します。

これに オレガノが入ったり、クミンが入ったり、家庭によって魚によって地域によっていろいろ。

IMG_6839.jpg

ニンニク・オレガノ・塩をすり潰し、さらにパプリカ粉を加えすり潰す

(1皿分)+ + + + + + + + + + + +

材料:片口鰯12匹(250〜350g)オリーブオイル、小麦粉
   マリネ液→ニンニク2片、塩少々、パプリカ粉(甘口)小さじ1/2、オレガノ小さじ1、
        ワインビネガー100ml、冷水200ml、
手順:①片口鰯の頭、骨、内臓を取り開く
   ②器に微塵切りにしたニンニクとオレガノを入れ潰す
   ③②にパプリカ粉を加えさらにすり潰し、ビネガー、水を加えよくかき混ぜる。
   ④タッパーに鰯を並べ③のマリネ液に漬け冷蔵庫に保管する(できれば数時間)
   ⑤フライパンに少し多めのオイルを熱し、③に小麦粉をまぶし、両面を焼き揚げる

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

IMG_6840_201810252256204e8.jpg

ビネガーと冷水を加えかき混ぜる

IMG_6841.jpg

片口鰯がマリネ液にしっかり浸かるようにする

スペイン料理ではアドボ(マリネ)して、焼いたり、揚げたりする料理がとても多いのです。

中でも、南のアンダルシア地方では、魚はフライで食べることが多く、
アドボされていることも多く、それが、とても美味しい☆

例えば、淡白な味の白身の・・というか・・ サメの一種・・ などは、
クミンでアドボされていて、それはそれは 美味しかったり・・ 

なので これは ちょっと アンダルシアの味がする・・♪

是非お試しあれ ^_- 🎃 

+ + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
30 2018

栗ごはん

IMG_6767_20181023012052eba.jpg

今朝起きてみると、雪が降っていました。
あっという間にやんでしまったけれど、とても寒い1日でした。

北部では積もるほどの雪がふっています。

⛄️ ⛄️ ⛄️

でも。 秋の味覚。 栗を。
栗が出ると、毎週炊いてしまう栗ごはん。
季節限定に弱い?!のです。。 🌰

栗を使ったお菓子なんか出来るといいのだけれど・・できないので・・
ひたすら、焼き栗か、栗ごはん。

明日も寒そうだ〜〜

風邪などひかないように・・1週間頑張っていきましょう♪

+ + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

29 2018

ガチャス

IMG_6895.jpg

葡萄の収穫はしたことはないけれど・・
収穫の時期は、このガチャスを食べるのです。

葡萄畑で、ガチャスを作る。
収穫に携わっていなくても、この時期は皆で集まって、BBQ代わりにガチャス。

ガチャスはニンニク、チョリソ、ハモン、脂身などをオイルで炒め、
パプリカ粉を加え、パプリカ粉がフワッと浮いてきたら、
almortas アルモルタス という豆を挽いた粉を加えよくかき混ぜ、水を加え、じっくりかき混ぜ
ペースト状に仕上げた、ラマンチャ地方の郷土料理 →(詳しくは

IMG_6901.jpg

ちぎったパンをフォークに刺すか、手に持ってガチャスをすくいながら食べる。
そして必ず赤ワインと共に。

ニンニク・チョリソ・ハモンなどの味がしっかりついたオイルを吸っているので・・
それはそれは(カロリーは高いけれど) サブロソ(sabroso) 美味しい(味わい深い)♡

我が家のガチャス名人作ですが・・ 私は作ったことがないので、来年も作っていただこう。(^-^)/

⚽️ ⚽️ ⚽️

バルサvsレアル・マドリッドのクラシコはメッシー抜きで5-1でバルサの勝利。
(私としては引き分けがよかったのだけれど)

ロペテギがこんな目に会うのは可哀想な気もするけれど・・
でも、やっぱりW杯を放り出してレアルの監督に就任したのはダメよ。。

「日曜から時間(冬時間)とマドリッドの監督が変わります」という ジョークが笑えた。(^∇^)

冬時間になったのは本当です☆

まだロペテギ解雇の報道はないのだけれど
アントニオ・コンテ(伊)が飛行機でマドリッドに向かっているらしい ✈︎ 

+ + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
IMG_6564_20181014193014bcb.jpg

街に出た時に立ち寄る肉屋はショーウィンドウに向かって置いてある椅子に
セニョーラ達が座って待っていて

家族の話や、料理の話、病気の話や噂話に花が咲き、でも自分の番になると、
どっさり肉を買って、重い袋をしっかり抱え店を出て行くセニョーラ達はとても逞しい。 (^∇^)

この日は、モルシージャ(血入りソーセージ)でも買おうかなぁと眺めていると、お店のお兄さんが、

これね、キャラメリゼした玉葱入りで、新製品で評判いいんだよ と言う。
じゃー それもらおうかな、arroz al horno(オーブンで焼きあげる米料理)に入れてみるよ。 と 言うと
じゃー これはオマケ! その代わり、使って美味しくできるか結果報告して!! と
2つくれたのです。。 w(゚o゚)w

IMG_6651.jpg

律儀な私は 約束通り ミッションをコンプリートしましたよ。。( ̄^ ̄)ゞ

キャラメリゼした玉葱入りのモルシージャ は 米料理にもピッタリ☆
甘い玉葱と、ピキージョという赤くて三角のパプリカが入っているので、
その甘さがよく合う。 美味しかった〜〜〜  これはリピートしよう☆

次回お兄さんに報告しよっと♪ 

因みに「キャラメリゼした玉葱」は、
スペイン語では cebolla caramelizada セボジャ カラメリサダ と言います。

+ + + + + + + + + + + +
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ